旬の野菜から現代の食問題を見る

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,241
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学家庭科

    代表キーワード

    家庭科教育学

    資料紹介

    目標・内容
     食事は生きていくうえで必要不可欠な行為である。しかし、現在、食品の安全性や表示の偽装など、食をめぐる問題は後を絶たない。また、加工食品が増えてきているために食材そのものを把握できていない生徒は多い。中でも生鮮食品には旬があり、時期によって栄養価も価格もおいしさも変わってくる。スーパーマーケットなどの小売店では、年中生鮮食品が置かれていて、食材の旬がわからない生徒は多い。その旬を学ぶことで、ほかの食材も知り、自分たちの置かれている食環境や食問題について改めて理解できることを期待する。
    教師の活動 生徒の反応予測
    「今の季節スーパーで売られている野菜は何がありますか?」と尋ねて発表させる。?発表して出てきた野菜を、「1年中出回る野菜と今だけ出回る野菜とに分けえてみましょう」「最近お買い物についていってスーパーの野菜売り場で売っていたもの、いつもうっているものを良く考えましょう」ジャガイモやたまねぎ、ピーマン、ほうれん草などは年中ある野菜に分類する。?「今の季節だけ出回っている野菜に注目してください。どのような特徴がありますか?」?旬のメリット(栄養価・価格・おいしさ)に気づかせる ?逆に年中ある野菜について考える「野菜には旬があるということがわかりましたね?じゃあどうして一年中出回っている野菜があるのか考えて見ましょう」「たくさん出回る時期があってもそれ以外の時期も少しだけれども出回っています。なぜこのようなことができるのでしょうか?」 野菜をどう選ぶか発表する。?「野菜には旬があってその時期のものはおいしいだけでなく安くて栄養価も高いことがわかりましたね。それでも消費者を満足させるためにたくさんの野菜が色んな方法を使って1年中出回っていつこともわかりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    旬の野菜から現代の食問題を見る
                
    目標・内容
     食事は生きていくうえで必要不可欠な行為である。しかし、現在、食品の安全性や表示の偽装など、食をめぐる問題は後を絶たない。また、加工食品が増えてきているために食材そのものを把握できていない生徒は多い。中でも生鮮食品には旬があり、時期によって栄養価も価格もおいしさも変わってくる。スーパーマーケットなどの小売店では、年中生鮮食品が置かれていて、食材の旬がわからない生徒は多い。その旬を学ぶことで、ほかの食材も知り、自分たちの置かれている食環境や食問題について改めて理解できることを期待する。
    教師の活動 生徒の反応予測
    「今の季節..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。