地域の活性化と広告

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数840
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     大須商店街は大きな市場であり、大道町人祭りの日はその市場がさらににぎわう。そこには「人」「もの」「金」が溢れている。お客さんがきて買い物をし、その資金で多くの商品集めやサービスを展開する。そしてその魅力的な商品やサービスを求めてお客さんがまた足を運ぶ。
     しかし、人が集まる要因は様々な「もの」や「サービス」があるためだけではない。もう一つ、この大須商店街を活性化させている大きな要因がある。それは「広告」である。そもそも、この「人」・「もの」・「金」の流れや動きを作り出すきっかけとなっているのは広告ではないだろうか。広告が原動力になっているといっていいかもしれない。地域の活性化にまでつなげてしまうといった大きな役割を持つ広告があるからこそ大須は元気のある町なのである。
    第1節 従来の広告
     広告を考える場合、情報を伝える側、受ける側が必要となるが、それは言うまでもないだろう。伝える側はもちろん祭りの運営側であるし、情報を受ける側は一般客である。祭りの情報や大須の町について広告を利用して情報発信するのである。その情報発信にはたくさんの方法がある。事実、大須大道町人祭りでは、たくさんの広告が使われている。
     従来の広告はもちろん使われている。ここで言う「従来の広告」のメディアとしては、紙、テレビ、ラジオなどがあげられるが、もちろん、大須大道町人まつりもそれらを利用している。
     まず、一番影響力のあるテレビである。例としては、生番組でおいらん行列の八文字歩きの練習風景を取り上げもらったほか、祭り当日はたくさんの局の報道関係者が取材していた。
     また、紙を媒体とした広告としては、新聞記事、そしてポスター、チラシなどがある。新聞記事は、何かイベントや伝えたいことがあるときは新聞社などにリリースし、取材に来てもらうという方法で載せてもらっている。メディアに対しても広告するのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域の活性化と広告
     大須商店街は大きな市場であり、大道町人祭りの日はその市場がさらににぎわう。そこには「人」「もの」「金」が溢れている。お客さんがきて買い物をし、その資金で多くの商品集めやサービスを展開する。そしてその魅力的な商品やサービスを求めてお客さんがまた足を運ぶ。
    しかし、人が集まる要因は様々な「もの」や「サービス」があるためだけではない。もう一つ、この大須商店街を活性化させている大きな要因がある。それは「広告」である。そもそも、この「人」・「もの」・「金」の流れや動きを作り出すきっかけとなっているのは広告ではないだろうか。広告が原動力になっているといっていいかもしれない。地域の活性化にまでつなげてしまうといった大きな役割を持つ広告があるからこそ大須は元気のある町なのである。
    第1節 従来の広告
     広告を考える場合、情報を伝える側、受ける側が必要となるが、それは言うまでもないだろう。伝える側はもちろん祭りの運営側であるし、情報を受ける側は一般客である。祭りの情報や大須の町について広告を利用して情報発信するのである。その情報発信にはたくさんの方法がある。事実、大須大道町人祭..

    コメント1件

    m0719a 購入
    よかった
    2006/07/16 13:03 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。