教育心理学 ピグマリオン効果レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,874
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学が教育へと関わる第一歩として、IQテスト(知能テスト)が挙げられる。これはフランスの心理学者Alfred Binetがフランスの社会教育省に依頼され行った精神遅滞者の知能尺度を調べるためのものであり、30項目からなるものであった。
     (例:2つのおもりの比較、文章の反唱 等)
    これは、20世紀の西洋におけるIQテストのモデルとなり、主に生徒の分類の指標として用いられてきた。
     
     IQテストについての批評はStephen Jay Gouldが『ダーウィン以来』、『人間の測りまちがい』 などによって行っているが、さらに、教師の期待が生徒の知能指数にどのように表れるか(ピグマリオン効果)、といった点からRosenthalとJacobsonも著している。

     心理学者はアカデミックな能力を増減し得る要素について感心をよせてきた。『統制の可能性と無力感』についてはSeligmanとMaierによって論じられ 、後にDweckらによって子供への応用実験が行われた 。AronsonとBridgemanグループ分けされた子供達の立場による差異について著した。 StiglerとStevensonはより良い教授法の考察をアジアとアメリカの比較から著している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Education and Psychology 教育心理学
     心理学が教育へと関わる第一歩として、IQテスト(知能テスト)が挙げられる。これはフランスの心理学者Alfred Binetがフランスの社会教育省に依頼され行った精神遅滞者の知能尺度を調べるためのものであり、30項目からなるものであった。
     (例:2つのおもりの比較、文章の反唱 等)
    これは、20世紀の西洋におけるIQテストのモデルとなり、主に生徒の分類の指標として用いられてきた。
     
     IQテストについての批評はStephen Jay Gouldが『ダーウィン以来』、『人間の測りまちがい』 などによって行っているが、さらに、教師の期待が生徒の知能指数にどのように表れるか(ピグマリオン効果)、といった点からRosenthalとJacobsonも著している。
     心理学者はアカデミックな能力を増減し得る要素について感心をよせてきた。『統制の可能性と無力感』についてはSeligmanとMaierによって論じられ 、後にDweckらによって子供への応用実験が行われた 。AronsonとBridgemanグループ分けされた子供達の立場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。