家庭不和から婦人相談所を訪れた例の検討

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数447
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭不和から婦人相談所を訪れた例についての検討
     
    文献「対人援助の基礎と実践」井上肇 監修 ミネルヴァ書房を読んで
    学科 学部 学生番号
    氏名
    「対人援助の基礎と実践」(井上肇 監修 ミネルヴァ書房)を読んだ。そのうちの一事例である、「家庭不和から婦人相談所を訪れた例」について、個人的に検討してみることにした。
     クライエントは、高等学校の女性教職員であった。彼女の家庭では、思いやりが無く、完全主義的な姑と、妻の相談にものらず酒のみで暴力をふるう夫と、不登校の1人の娘から成っていた。クライエントは夫との離婚も考えており、心労が重なったために、婦人相談所を訪れた。このケースの援助の方法は「相談..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。