自閉症児の心理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,007
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ1 自閉症児の生きていく姿。行動特徴
    三大行動特徴
    社会的相互関係の障害・コミュニケーション能力の障害・反復常同的あるいは執着的行動
    が生後3年以内に発現している。
    自閉症の特性は「同一性の保持」(同じでなければ不安)「常同行動」(同じ行為を繰り返す)「固執性」(ある物に執着する)「エコラリア」(オーム返し)「クレーン現象」(自分で出来る事も、他の人の腕をあたかもクレーンを操縦するごとく使う行為・行動)など、「症候群」で捉えられます。http://www2.wbs.ne.jp/~souann/newpage4.htm
    その他の症状
    水が流れるのを見入ったり、物を並べたり独自の動作や行動が特徴的
    攻撃行動・自傷行為
    機械的な暗記力や一部の視覚性の課題は優れている場合があるが、知能がよいというわけではない。
    言語性知能指数は動作性知能指数よりかなり低い
    知覚過程の障害
    知覚過敏と意味認知の障害
    物語の筋書きを読みとったり、そこにない事態を推理したりすることが困難
    注意指向の障害 
    テーマ2 「心の理論」について
    「心の理論」他者の信念やふりなどに関しての読み取りに著しい障害が認められた
    「心の理論」を達成することで、学校のルール・周囲を考慮することはできた。
    しかしこれまでにはなかった関係念慮や被害感、自己不全感が強くなった。
    自分のユニークさにも始めて自覚するようになった。「心の理論」の障害が直接分裂病に結びついてはいないが、「心の理論」が正常な過剰状態によって一部の妄想が成立している可能性がある。
    その他の仮説
    「マインド・ブラインドネス(こころに関する盲)仮説」
    「心の理論」、とくに「謝った信念」の課題における障害から導かれた仮説
    表象に関する表象の認知の、心理化の欠陥。生物学的な障害が、「心の理論」の諒外という認知障害を形成し、それが自閉症の行動的な障害をつくるのではないか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自閉症児の心理
    テーマ1 自閉症児の生きていく姿。行動特徴
    三大行動特徴
    社会的相互関係の障害・コミュニケーション能力の障害・反復常同的あるいは執着的行動
    が生後3年以内に発現している。
    自閉症の特性は「同一性の保持」(同じでなければ不安)「常同行動」(同じ行為を繰り返す)「固執性」(ある物に執着する)「エコラリア」(オーム返し)「クレーン現象」(自分で出来る事も、他の人の腕をあたかもクレーンを操縦するごとく使う行為・行動)など、「症候群」で捉えられます。http://www2.wbs.ne.jp/~souann/newpage4.htm
    その他の症状
    水が流れるのを見入ったり、物を並べたり独自の動作や行動が特徴的
    攻撃行動・自傷行為
    機械的な暗記力や一部の視覚性の課題は優れている場合があるが、知能がよいというわけではない。
    言語性知能指数は動作性知能指数よりかなり低い
    知覚過程の障害
    知覚過敏と意味認知の障害
    物語の筋書きを読みとったり、そこにない事態を推理したりすることが困難
    注意指向の障害 
    テーマ2 「心の理論」について
    「心の理論」他者の信念やふりなどに関しての読み取りに著し..

    コメント2件

    17chu05ku 購入
    探していた資料で、参考になりました。
    2007/01/07 23:16 (9年11ヶ月前)

    hanamikan 購入
    参考になりました。
    2007/08/09 6:00 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。