特別支援教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,080
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     先進国の中では発達支援や教育の考え方は従来とは変化してきている。動向としてはボトムアップアプローチからアップダウンアプローチへ、メインストリーミングからインクルージョン、個別支援へという流れである。 
     国際的な動向としてはアメリカ合衆国やイギリスなど欧米の先進国では心身に障害がなくとも特別な教育的ニーズを持つ子どもを特殊教育の対象に含めるようになった。特別な教育的ニーズ、つまり学習障害やその周辺のニーズに加え、被虐待児や経済的に困難なども支援できるシステムである。このことによってアメリカでは学齢期の10パーセント以上、またイギリスでも20パーセントを目指して特殊教育が広がりつつある。その際の教育形態もきわめて多様化され、盲、聾、養護学校や特殊学級のほかに、通常の学級で学習しながら必要に応じて特別な教室に通って特殊教育を受ける、いわゆる通級による指導や、さらに、通常の学級担任のほかに特殊教育の専門教師をつけたり、担任に指導助言を与えたりして、通常の学級においても特殊教育が行われている。
     日本でも盲、聾、養護学校と特殊学級において、学齢期の0.9パーセントが特殊教育を受けているが、この数字は欧米諸国に比べてあまりにも少ないので特別支援の必要な子どもが十分に把握されておらず、支援が受けられていない現状が予測される。学校教員がより幅広い視点で子どもの必要な支援の需要に気がついて方策を考えられるようにならなければならない。それがなければシステムが充実しても十分に生かされない。支援制度の充実と共に学校教員が従来の障害があるのかないのか、普通か普通でないのかという視点ではなく個々の子どもがどんな支援を必要としているのか子どもに寄り添って考える視点への転換が重要であろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別支援教育 
    レポート課題:インクルージョン教育についての国際的動向とそれに基づく特別支援教育の具体的方策を考える。
     先進国の中では発達支援や教育の考え方は従来とは変化してきている。動向としてはボトムアップアプローチからアップダウンアプローチへ、メインストリーミングからインクルージョン、個別支援へという流れである。 
     国際的な動向としてはアメリカ合衆国やイギリスなど欧米の先進国では心身に障害がなくとも特別な教育的ニーズを持つ子どもを特殊教育の対象に含めるようになった。特別な教育的ニーズ、つまり学習障害やその周辺のニーズに加え、被虐待児や経済的に困難なども支援できるシステムである。このこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。