NPO論  

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数600
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート社会学福祉NPO非営利性公益

    代表キーワード

    社会学NPO

    資料紹介

    1998年12月1日に特定非営利活動促進法(通称NPO法)が施行された。市民が要求や提言を掲げ行政に働きかける運動をしながら自らもできることは実現していくという活動が起こってきているといえよう。この運動と実現のバランスが現代社会の福祉ニーズにぴったりと合っていることが現在の福祉NPO法人の活動を盛んにさせた理由であろう。
    NPOの活動の基本的な理念である「公益性」とは他益性と対極にある言葉で「公的利益」、「公の利益」のことである。企業(株式会社、有限会社など)では事業目的として事業収益の追求が優先されるが、NPO法人では事業目的としてこの公益性の追求が優先される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉NPO論  1回目提出
    NPO活動を展開していく上で必要な考え方として、「公益性」と「非営利性」があげられるが、両者について解説を加えそれがNPO活動にどのように関連しているかまとめなさい。
     1998年12月1日に特定非営利活動促進法(通称NPO法)が施行された。市民が要求や提言を掲げ行政に働きかける運動をしながら自らもできることは実現していくという活動が起こってきているといえよう。この運動と実現のバランスが現代社会の福祉ニーズにぴったりと合っていることが現在の福祉NPO法人の活動を盛んにさせた理由であろう。
     NPOの活動の基本的な理念である「公益性」とは他益性と対極にある言葉で「公的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。