行動療法の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数795
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    行動療法では症状や問題行動は誤った適応の仕方の学習の結果であったり適切な対処能力の欠如の結果であると考え、症状や問題のメカニズムを明らかにし、新たな行動様式の学習を行う事を援助する。用いられる理論や行動に関する法則は多種多様であり、行動療法という名称はそういったさまざまな理論にもとづく行動修正の方法全体を指すものである。行動療法の目的は問題とされる行動を改善し、より適応のよい状態となることである。
     主な技法としてはオペラント技法、セルフ・コントロール法、逆制止療法、認知療法があげられる。
     オペラント技法とはオペラント条件づけの原理にもとづく方法で、強化因により目標となる行動を学習させるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:心理療法のうちの一つを選択、その理論と方法を述べよ。
    行動療法Behavior Therapy
     行動療法では症状や問題行動は誤った適応の仕方の学習の結果であったり適切な対処能力の欠如の結果であると考え、症状や問題のメカニズムを明らかにし、新たな行動様式の学習を行う事を援助する。用いられる理論や行動に関する法則は多種多様であり、行動療法という名称はそういったさまざまな理論にもとづく行動修正の方法全体を指すものである。行動療法の目的は問題とされる行動を改善し、より適応のよい状態となることである。
     主な技法としてはオペラント技法、セルフ・コントロール法、逆制止療法、認知療法があげら..

    コメント1件

    herohero 購入
    参考になりました。
    2007/03/06 10:25 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。