日本人の民族性を「空気」を中心に考察する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数794
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    序、
    日本人としての常識がない。日本人は「あうんの呼吸」がわかる。日本人は丁寧で奥ゆかしい。結婚するなら従順で働き者でよく気がつく日本人の女性が世界で一番だ。日本人は手先が器用で何でも熱心に取り組む。だから良い商品ができるのだ。そういう文化をもっているのだ。
     日本人の民族性として「常識」スタンダードとして当たり前のようにとらえている物事がたくさんあり、私たちはそれを毎日耳にしたり、意識したりしながら生活している。それを独特の「空気」という部分を中心に掘り下げて考察する。

    第一章、社風、空気
    日本の会社、企業、組織にある社風、空気というものは欧米にはなく欧米人はそれを理解することが不可能な日本独特なものである。非常に独特なものが出来ているのは長い文化的な歴史に基づいているからであり、その特異性は縄文時代にまでさかのぼって紀元を見る事が出来る。縄文時代後、中国的仏教の断章的輸入、日本的仏教の確立と江戸時代まで続き、その後戦後の日本の日本的経営、法人共同体まで続く元組織の状態像となっている。
    対する欧米(ゲルマン)の原組織の成り立ちは、ローマ法とキリスト教に基づいていて現在まで脈々と続いている。
    戦後の日本の経営は表面的に欧米のシステムを取り入れているように見えたがそれは中国から仏教を輸入した時とかわりなく断章的な輸入に違いなく、結果上位文化としては欧米と同じように見えるが下位文化としては日本の原組織が続いて空気に支配されている。
    しかしながらこのまま日本の組織を空気に支配させていく事はよいと思われない。なぜならば、その空気が退廃してきている、電脳時代の新しい日本人は空気では動かないなど日本人が変わってきているからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本人の民族性を「空気」を中心に考察する
    序、
     日本人としての常識がない。日本人は「あうんの呼吸」がわかる。日本人は丁寧で奥ゆかしい。結婚するなら従順で働き者でよく気がつく日本人の女性が世界で一番だ。日本人は手先が器用で何でも熱心に取り組む。だから良い商品ができるのだ。そういう文化をもっているのだ。
     日本人の民族性として「常識」スタンダードとして当たり前のようにとらえている物事がたくさんあり、私たちはそれを毎日耳にしたり、意識したりしながら生活している。それを独特の「空気」という部分を中心に掘り下げて考察する。
    第一章、社風、空気
    日本の会社、企業、組織にある社風、空気というものは欧米にはなく欧米人はそれを理解することが不可能な日本独特なものである。非常に独特なものが出来ているのは長い文化的な歴史に基づいているからであり、その特異性は縄文時代にまでさかのぼって紀元を見る事が出来る。縄文時代後、中国的仏教の断章的輸入、日本的仏教の確立と江戸時代まで続き、その後戦後の日本の日本的経営、法人共同体まで続く元組織の状態像となっている。  対する欧米(ゲルマン)の原組織の成り立ちは、ローマ法..

    コメント1件

    g5121213 購入
    よかった
    2007/06/22 23:35 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。