アナログ デジタル変換回路

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,434
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    <概要>
     アナログ信号からデジタル信号、およびデジタル信号からアナログ信号に変換するための回路の仕組みおよびアナログ信号やデジタル信号を計測する方法について学ぶために、実際にDA変換回路、AD変換回路を実現し、オシロスコープなどを使ってその動作特性を調べた。
    <方法>
    ・DA変換回路の動作特性
    (1) 8ビットDAコンバータDAC0808およびオペアンプ714を用いて図1の回路をウィッシュボード上に実現、DAコンバータへの入力端子D0~D7を+5VまたはGNDに接続することで8ビットのデジタル入力(D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0)に対するアナログ出力を得た。いくつかのパターンに対する出力値を計測しこの回路の特性を調べた。
    (2) 4ビット同期式カウンタ74LS163を2個用いて8ビット同期式カウンタをウィッシュボード上に実現正常に動いていることを確認した。
    (3) 8ビット同期式カウンタの出力端子と、8ビットDAコンバータの入力端子を接続しカウンタの出力がアナログ値に変換されていることをオシロスコープで観測した。
    ・AD変換回路の動作特性
    (1) コンパレータLM3302および逐次比較レジスタHD14559Bを用いて、図2に示す回路をウィッシュボード上に実現、先に実現した図1のDA変換回路の入力端子とレジスタの出力端子を接続し、DA変換回路の出力端子は、コンパレータの(−)入力端子に接続コンパレータの(+)入力端子には、周波数500Hz、1.28~3,06Vの矩形波を入力。オシロスコープに、入力波形、レジスタ出力D0~D7および比較終了信号EOCを入力し、EOC=’H’のときにアナログ入力値が8ビットのデジタル出力値に変換されていることを確認した。
    (2) 逐次比較レジスタの出力値がアナログ変換されたDA変換回路の出力値についてもオシロスコープで同時に観測し、このレジスタの動作特性を調べた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <概要>
    アナログ信号からデジタル信号、およびデジタル信号からアナログ信号に変換するための回路の仕組みおよびアナログ信号やデジタル信号を計測する方法について学ぶために、実際にDA変換回路、AD変換回路を実現し、オシロスコープなどを使ってその動作特性を調べた。
    <方法>
    ・DA変換回路の動作特性
    8ビットDAコンバータDAC0808およびオペアンプ714を用いて図1の回路をウィッシュボード上に実現、DAコンバータへの入力端子D0~D7を+5VまたはGNDに接続することで8ビットのデジタル入力(D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0)に対するアナログ出力を得た。いくつかのパターンに対する出力値を計測しこの回路の特性を調べた。
    4ビット同期式カウンタ74LS163を2個用いて8ビット同期式カウンタをウィッシュボード上に実現正常に動いていることを確認した。
    8ビット同期式カウンタの出力端子と、8ビットDAコンバータの入力端子を接続しカウンタの出力がアナログ値に変換されていることをオシロスコープで観測した。
    ・AD変換回路の動作特性
    コンパレータLM3302および逐次比較レジスタHD14..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。