森美術館について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数383
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    森美術館は2003年10月18日に作られた非常に新しい美術館である。今や東京の新名所となった六本木ヒルズの森タワー53階にあり、主に現代美術を扱っている。アクセスの良さと、火曜日以外は午後10時まで開館しているとうことにより、様々な人々にひらかれた美術館だといえる。館長には、日本では初の外国人館長であるデヴィッド・エリオットを起用し、よりグローバルな活動を目指している。
    森美術館は理念として、「時代をもっとも誠実に表現するアート文化は、私たちの生活を豊かにすると確信して、その価値をすべての人々が平等に分かち合えることを活動理念としている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    森美術館について                      
    ●森美術館の概要
    森美術館は2003年10月18日に作られた非常に新しい美術館である。今や東京の新名所となった六本木ヒルズの森タワー53階にあり、主に現代美術を扱っている。アクセスの良さと、火曜日以外は午後10時まで開館しているとうことにより、様々な人々にひらかれた美術館だといえる。館長には、日本では初の外国人館長であるデヴィッド・エリオットを起用し、よりグローバルな活動を目指している。
    森美術館は理念として、「時代をもっとも誠実に表現するアート文化は、私たちの生活を豊かにすると確信して、その価値をすべての人々が平等に分かち合えることを活動理念としている。現代アートを中心にジャンルを超えた様々な展覧会や研究、パブリック・プログラム(教育普及活動)を通じて、多くの人に開かれた新たな美術館のあり方を提案。また日本およびアジアのアーティストが世界に向かって活躍する基盤となり、同時に人々の交流と対話を生み出す場となることを目指している。」と発表している。この理念にもあるように森美術館ではパブリック・プログラム(教育普及活動)に力を入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。