ユダヤ人について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数516
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    古代にはエルサレム周辺に定住し、その意味ではユダヤ人という人種、民族と見ることができる。中世に入り、キリスト教が広まる土地で生活することとなる。その最中、ヘブライ語の聖書を用いて、ローマ教会よりゲットーと呼ばれる部屋に住まわされるという迫害を受けながら、まとまりを逃すことはなかった。その間、ユダヤ人として世界各地に散り、そしてその土地で迫害を受け続けた。ゲットーから解放されると、離散状態でありながらもユダヤ教=ユダヤ人として守られ続ける。ユダヤの民という信条は、移動可能な国家の中核とされるトーラーを用いて守られ続けた。散っているにもかかわらず、運命共同の意志を持ち続けた。さらに近世、ユダヤ人が対等な地位を得ると、知恵の民族としてロシア、ナチスなどユダヤ人を迫害する傾向が見られた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -1 -
    ■■■■■■第■回出題■レポート
    ■学部■■■■■■学科■年 ■■■
    ユダヤ人について
    ユダヤ人は現在、最もイスラエルに多いとされるが、その次にはアメリカに多い。イス
    ラエルには嘆きの壁と呼ばれる、ローマ帝国によって滅ぼされたユダヤ教の神殿の壁の残
    りがある。壁に祈りを捧げること、ユダヤの国を失ったことを嘆くこととされる。壁への
    祈りにより、民族的アイデンティティを二千年もの間ユダヤ人は失うことはなかった。
    ユダヤ人とは、一般にユダヤ人の母から生まれた人、もしくはユダヤ教に改宗した人と
    されるが、ユダヤ人の認識は複雑である。人種とすれば、1949年のイスラエルの建国
    に際して世界中か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。