哲学入門レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,873
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    理系学部の学生という性質上、どうしても科学について書かねばならないと思ったので記す。
    「科学」の意味は違えとも、結局のところ、理系である私が目指さねばならない「科学」も哲学上の「科学」の中に含まれるであろう。文系でも「科学」を扱うことには変わりはないだろうが、理系とあれば扱う「科学」は「自然科学」だ。
    哲学上の「科学」もそうであるが、「自然科学」は常に理論による塗り壁を必要とする、というよりは「自然科学」自体が理論の集合体で、「自然科学」は「自然科学」によって構成されていると感じる。積もる所、「自然科学」をいくら掘り返そうとも「自然科学」しか現れない。つまり、某「自然科学」の理論の原因を探れば、それもまた「自然科学」の理論にたどり着くだけに過ぎない。そのような学問であるから仕方ないのだが、堂々巡りに感じることがしばしばある。特に、アインシュタインの相対性理論などを学ぶと、事実の物理学者の中にも人間である限り極限の究明はできない、などとおっしゃる方もいるくらいだ。ここが理系の不安になるところであり、欠点でもある。「自然科学」を進めるものである限り、この点からは逃れられないのであろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学入門レポート
    ■■■■■■■■■■■■年
    名列番号■■■ 学籍番号■■■■■■■■■■■
    ■■ ■
    理系学部の学生という性質上、どうしても科学について書かねばならないと思ったので
    記す。
    「科学」の意味は違えとも、結局のところ、理系である私が目指さねばならない「科学」
    も哲学上の「科学」の中に含まれるであろう。文系でも「科学」を扱うことには変わりは
    ないだろうが、理系とあれば扱う「科学」は「自然科学」だ。
    哲学上の「科学」もそうであるが、「自然科学」は常に理論による塗り壁を必要とする、
    というよりは「自然科学」自体が理論の集合体で、「自然科学」は「自然科学」によって構
    成されていると感じる。積もる所、「自然科学」をいくら掘り返そうとも「自然科学」しか
    現れない。つまり、某「自然科学」の理論の原因を探れば、それもまた「自然科学」の理
    論にたどり着くだけに過ぎない。そのような学問であるから仕方ないのだが、堂々巡りに
    感じることがしばしばある。特に、アインシュタインの相対性理論などを学ぶと、事実の
    物理学者の中にも人間である限り極限の究明はできない、などとおっしゃる方もいるく..

    コメント1件

    naominnaomin 購入
    役に立ちました
    2006/07/07 15:36 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。