タイ仏教の社会のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数292
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    タイには僧侶が暮らしていける制度も十分に整っている。僧侶にならないものにとっての徳を高めるに当たる行為が、喜捨とされる。これは僧侶になることができない女性において僧侶に食を与えるなどがある。しかし、元々『僧侶は人の残したものを食べ、人の捨てた布を纏い……』と言うが、実の所は、喜捨する方は徳を得るという目的を持ってしている。これは、ある意味両者の要望が叶えられた形となり、本来の姿からは異となるものではないか。ところで、この喜捨を行い徳を得るかどうかにも、はっきりと貧富の差が現れている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■■■■■第■回出題■レポート
    ■学部■■■■■■■学科■年 名列■■ 学籍■■■■■
    ■■ ■
    タイ仏教の社会のあり方について
    タイ仏教のビデオを見る限り、『タイは仏教を中心に回っている』と考えざるを得ないよ
    うな内容になっていた。このような偏見で見ていて良いものか正直戸惑ったが、さてはこ
    こではその内容を加味しながら、タイ国民における仏教のあり方について探っていく事に
    する。
    タイにおける仏教はもちろん上座部仏教である。当然であるが、成仏するには大乗仏教
    に比べ修行や行いが必要とされる。それがタイにおける出家であり、喜捨である。タイに
    おいては僧侶は敬うべき存在であり、僧侶になる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。