メビウスの輪について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,045
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、メビウスの輪とはAugust Ferdinand Mobius が開発したとされる図形のことである。英名、Mobius strip、もしくはMobius band と読む。概略は簡単である。帯状のひもを端と端を連結して環を構成する際に、途中にひねりを一つ加えて連結したものである。特筆すべき特徴は、裏と表の判別がつかないことである。片面をたどっていけば、いつかはその面の裏にたどり着く。メビウスの輪においては表裏の定義が不可能であり、ゆえに哲学においても意味を持ちえるのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■■■■■■■第■回出題レポート
    ■学部■■■■■■■学科■年 名列■■ 学籍■■■■■■
    メビウスの輪について
    メビウスの輪ほど、哲学的意味が垣間見ることができる立体図形は存在するだろうか。
    メビウスの輪の存在は、小学校の算数だったか、中学の数学だったかの教科書のコラムに
    触れられていた記憶がある。その他、メビウスの輪、もしくはメビウスの名を冠する商品
    は紙上に溢れている。例えば、SHARPのノートパソコンであり、ミステリー小説では二度
    ほどお目にかかった。名だけでなく図形としてならば、いくつかの芸術的モニュメント、『オ
    イラーの贈り物』(吉田武著、筑摩書房)の表紙にiとπと e を繋ぐものとして描かれてい
    たのは印象的であった。では、そのメビウスの輪という立体図形が含有する不思議さ、驚
    異さ、はたまた滑稽さについて探っていくことにする。
    まず、メビウスの輪とは August Ferdinand Möbius が開発したとされる図形のことであ
    る。英名、Möbius strip、もしくは Möbius band と読む。概略は簡単である。帯状のひも
    を端と端を連結して環を構成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。