カーボンナノチューブの基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数383
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    正六角形の頂点に点素原子C(カーボン、炭素)を配置し、それを六角形の網目状に組み合わせて平面にして、さらにそれを丸めた円筒のような形をしている。その筒の片方の先は、サッカーボール状の正五角形と正六角形を組み合わせた形をして閉じている。五角形は6つ形成されて閉じている。その大きさは、太さにして1nm(1×108m)、長さは10nmが一般的である。基本的に、正六角形では同じ太さのチューブ状を維持し、正五角形がそこに混じれば太さは細くなり、正七角形以上が混じれば太さは太くなる。ゆえにカーボンナノチューブの構造に関しては様々な形を持ちうる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -1 -
    ■■■■■■■■■■■出題レポート
    ■学部■■■■■■■学科 学籍■■■■■ 名列■■
    ■■ ■
    カーボンナノチューブの構造について
    正六角形の頂点に点素原子 (カーボン、炭素)を配置し、それを六角形の網目状に組 C
    み合わせて平面にして、さらにそれを丸めた円筒のような形をしている。その筒の片方の
    先は、サッカーボール状の正五角形と正六角形を組み合わせた形をして閉じている。五角
    形は6つ形成されて閉じている。その大きさは、太さにして1nm(1× 10 m 、長 ) 8
    さは10nmが一般的である。基本的に、正六角形では同じ太さのチューブ状を維持し、
    正五角形がそこに混じれば太さは細く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。