理科における地域の自然の教材化の必要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数847
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.自然と理科教育
    理科教育は、自然の探求である。子どもが自然に働きかけ、自然そのものから学び取るという相互作用の中で、問題解決能力や科学的なものの見方・考え方を養っていく。日本の国土は地理上様々な気候が存在し、そこに存在する自然や自然現象は地域によって様々であり、変化に富んでいる。その多様性や独自性を活かすことで、さらなる教育的効果が期待できる。地域の自然の教材化の必要性を「子どもの自然認識」と「理科・環境教育の目的」という観点で考察してみたい。
    2.子どもの自然の認識という観点から
    森一夫は自然認識の過程を3段階に分けている。我々が自然を認識する場合、まず個別の事物・現象をそのまま認識する「事実認識」の段階から始まる。次に事物・現象から得られた法則やその根拠を認識する「原理・法則的認識」、そして最後に「世界了解的認識」の段階があり、複数の事物・現象、法則・原理を関連づけて、自分たちの生活との関わり、さらには自分たち人間との関係や意義を認識するようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「理科における地域の自然の教材化の必要性を述べ、次にあなたの住んでいる地域を事例にして考察し、具体的に教材化のモデルを作成せよ」
    1.自然と理科教育
    理科教育は、自然の探求である。子どもが自然に働きかけ、自然そのものから学び取るという相互作用の中で、問題解決能力や科学的なものの見方・考え方を養っていく。日本の国土は地理上様々な気候が存在し、そこに存在する自然や自然現象は地域によって様々であり、変化に富んでいる。その多様性や独自性を活かすことで、さらなる教育的効果が期待できる。地域の自然の教材化の必要性を「子どもの自然認識」と「理科・環境教育の目的」という観点で考察してみたい。
    2.子どもの自然の認識という観点から
    森一夫は自然認識の過程を3段階に分けている。我々が自然を認識する場合、まず個別の事物・現象をそのまま認識する「事実認識」の段階から始まる。次に事物・現象から得られた法則やその根拠を認識する「原理・法則的認識」、そして最後に「世界了解的認識」の段階があり、複数の事物・現象、法則・原理を関連づけて、自分たちの生活との関わり、さらには自分たち人間との関係や意義を認識するようになる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。