「心に残る!この店、この人」」の事例を熟読し、この授業の成果と課題について具体的に述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数293
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     小学校における国語科の目標は、現行の学習指導要領では、次の二つに重点が置かれている。一つは自分の考えを積極的に表現する能力や態度の重視、二つめが「伝え合う力」の育成である。後者は、互いの立場や考えを尊重しながら言葉で伝え合い、豊かな人間関係を築く能力の育成を目指すものである。このような流れの中で、児童が積極的に自己の意図や思いを適切に伝え合い、話し合いにより建設的に問題解決や創造ができるよう、教師がそのような場を多く設定することが求められる。ここでは、5学年の「心に残る。この店、この人」の事例について、授業の成果と課題をそれぞれ考察したい。
    本題材は、自分のお気に入りの店を紹介したり、相手の紹介に対して質問したり、意見を述べ合う活動である。つまり、「話す」「聞く」「話し合う」能力の育成が求められる。これをふまえ、まずは成果について述べたい。
    第一に、児童が無理なく活動に取り組めるよう、活動の説明の仕方に工夫が見られた。導入の際、児童になじみのある駄菓子屋さんの話を教師が表現豊かに語った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト「第2章 話すこと・聞くこと「心に残る!この店、この人」」の事例を熟読し、この授業の成果と課題について具体的に述べなさい
     小学校における国語科の目標は、現行の学習指導要領では、次の二つに重点が置かれている。一つは自分の考えを積極的に表現する能力や態度の重視、二つめが「伝え合う力」の育成である。後者は、互いの立場や考えを尊重しながら言葉で伝え合い、豊かな人間関係を築く能力の育成を目指すものである。このような流れの中で、児童が積極的に自己の意図や思いを適切に伝え合い、話し合いにより建設的に問題解決や創造ができるよう、教師がそのような場を多く設定することが求められる。ここでは、5学年の「心..

    コメント3件

    jamesdean 購入
    参考になりました。
    2006/08/02 8:01 (10年4ヶ月前)

    lka9i3ak 購入
    参考になりました。
    2006/08/20 3:18 (10年3ヶ月前)

    naotan328 購入
    参考になりました。
    2006/10/19 10:52 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。