生涯学習社会における教育への取り組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数532
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「乳幼児から老年にいたるまでの教育のあり方を、旧来のように家庭教育、学校教育、社会教育という具合に分けてばらばらに考えるのではなく、実社会と遊離しがちな学校教育を社会に結び付いたものにするとともに社会の諸制度を教育的に整序しつつ、両者のもつ教育的機能・作用を、人間の発達・成熟の過程・段階に応じて統合し、教育の組織化を進めるべきであるとする」のが生涯教育の考えであるらしい。生涯学習という言葉は新聞やテレビでしばしば目にして、市民の学習活動はいかにも盛んになっているように見えるが、その反面、地域における地道な学習活動はかつての活気を失っているように思える。以前は地域における生活課題解決と結びついた形で盛んであった学習活動は、さまざまな社会状況の変化の中で、そのあり様も変化してきたようである。
     現在の社会の変化は大変著しい。科学技術の高度化や高齢化や所得水準の増加や自由時間の増加などいろいろあるが、変化の大変著しいものに社会の情報化がある。情報の伝達手段の発達や情報量の大規模化により、情報が絶えず新しいものへと変わっていく。そのために、学校で習うような情報もすぐに古くなって使いものにならなくなってしまう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生涯学習社会における教育への取り組み
    「乳幼児から老年にいたるまでの教育のあり方を、旧来のように家庭教育、学校教育、社会教育という具合に分けてばらばらに考えるのではなく、実社会と遊離しがちな学校教育を社会に結び付いたものにするとともに社会の諸制度を教育的に整序しつつ、両者のもつ教育的機能・作用を、人間の発達・成熟の過程・段階に応じて統合し、教育の組織化を進めるべきであるとする」のが生涯教育の考えであるらしい。生涯学習という言葉は新聞やテレビでしばしば目にして、市民の学習活動はいかにも盛んになっているように見えるが、その反面、地域における地道な学習活動はかつての活気を失っているように思える。以前は地域における生活課題解決と結びついた形で盛んであった学習活動は、さまざまな社会状況の変化の中で、そのあり様も変化してきたようである。
    現在の社会の変化は大変著しい。科学技術の高度化や高齢化や所得水準の増加や自由時間の増加などいろいろあるが、変化の大変著しいものに社会の情報化がある。情報の伝達手段の発達や情報量の大規模化により、情報が絶えず新しいものへと変わっていく。そのために、学校で習うような情..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。