『個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,268
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    個別援助技術は、リッチモンドの著作『ソーシャルワークとは何か』の中で、「人間とその社会環境との間を個別に、意識的に調整することを通して、パーソナリティを発達させる諸過程からなっている」と定義されている。
     今日では、人間生活の質的側面や利用者自身の問題解決能力に期待する新しい援助技術(セルフヘルプ、エンパワーメント等)にも目を向けさせることになった。このように、現代の個別援助技術は、人間の置かれた環境である生活を対象として個人の諸機能や社会資源など広範囲にわたる諸要素間の相互関係に注目しながら、多様な問題に対応しようとしている。
     個別援助技術の構成は、利用者と援助者の間の自己完結的なものではなく、開かれた視点のうえに成り立っている。それは、その援助者の属する機関の関係や両者の個人レベル以外の関係も含まれる。このような複雑な個別援助技術の実践の内容と特質を明かにしていくためには、共通に構成されている要素を理解することが重要であるといえる。以下が五つの要素である。
     ?利用者
     生活の中で起こったあらゆる問題を自ら解決するために援助を求めてくる人である。利用者にとって、問題と解決する力やそれらと社会環境要因との関連を明確することが重要課題となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べなさい。』
     
    個別援助技術は、リッチモンドの著作『ソーシャルワークとは何か』の中で、「人間とその社会環境との間を個別に、意識的に調整することを通して、パーソナリティを発達させる諸過程からなっている」と定義されている。
     今日では、人間生活の質的側面や利用者自身の問題解決能力に期待する新しい援助技術(セルフヘルプ、エンパワーメント等)にも目を向けさせることになった。このように、現代の個別援助技術は、人間の置かれた環境である生活を対象として個人の諸機能や社会資源など広範囲にわたる諸要素間の相互関係に注目しながら、多様な問題に対応しようとしている。
     個別援助技術の構成は、利用者と援助者の間の自己完結的なものではなく、開かれた視点のうえに成り立っている。それは、その援助者の属する機関の関係や両者の個人レベル以外の関係も含まれる。このような複雑な個別援助技術の実践の内容と特質を明かにしていくためには、共通に構成されている要素を理解することが重要であるといえる。以下が五つの要素である。
     ①利用者
     生活の中で起こったあらゆる問題を自ら解..

    コメント3件

    godhill 購入
    参考になりました。
    2006/05/11 16:11 (10年7ヶ月前)

    novausagi 購入
    分かりやすい内容で、参考になりました。
    2006/08/27 12:19 (10年3ヶ月前)

    LOTO6 購入
    とても役に立ちました
    2006/10/24 0:11 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。