社会変動の要因について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,306
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     社会変動とは、世の中の変化や動きのことである。社会変動は日常的な社会関係・社会生活のあり方の変化と構造的・体制的な社会の変動の二つの社会状況の変化をいうが、この二つは深く絡み合っている。
     構造的・体制的な社会変動は一生のうちで、多くて一回か二回それに出くわし、あるいは経験できるかどうかといったところである。例えば、日本社会でいうと、明治維新や第二次世界大戦後の改革、それに続く高度経済成長などである。世界的にいうと、フランス革命やロシア革命などによる社会変動、旧ソ連や東欧の社会主義体制の崩壊などがあげられる。
     社会が大きく変化するにしても、部分的に変化するにしても、部分的に変化するにしても、変化するにはそれなりの理由がある。それは、社会は様々の人が存在し、そして様々な分野から成り立っている。それらのバランスが崩れたり、社会情勢が変わるなどの様々な要因が重なり合って社会変動が起こるといえる。
     また、社会変動の要因として、自然災害や人口の増減などは含まないとする。それは、自然災害の場合は突発的におこる一時期の出来事であるし、または人間による自然破壊によって起こる人災であることが多いからである。
     ここで、社会変動が起きる要因についていくつか述べていきたい。
     フランスの社会学者A・コントは、理念、イデオロギー(主義・政治的主張)、理念のように、人々を強く縛り付けている社会独特の風習や慣習のようなものが社会を変えていくという考え方に立ち、変動要因を述べた。よれによれば、人間精神が歴史的に神学的段階→形而上学的段階→実証的段階という三段階を経て進歩するという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『社会変動の要因について述べよ。』
     社会変動とは、世の中の変化や動きのことである。社会変動は日常的な社会関係・社会生活のあり方の変化と構造的・体制的な社会の変動の二つの社会状況の変化をいうが、この二つは深く絡み合っている。
     構造的・体制的な社会変動は一生のうちで、多くて一回か二回それに出くわし、あるいは経験できるかどうかといったところである。例えば、日本社会でいうと、明治維新や第二次世界大戦後の改革、それに続く高度経済成長などである。世界的にいうと、フランス革命やロシア革命などによる社会変動、旧ソ連や東欧の社会主義体制の崩壊などがあげられる。
     社会が大きく変化するにしても、部分的に変化するにしても、部分的に変化するにしても、変化するにはそれなりの理由がある。それは、社会は様々の人が存在し、そして様々な分野から成り立っている。それらのバランスが崩れたり、社会情勢が変わるなどの様々な要因が重なり合って社会変動が起こるといえる。
     また、社会変動の要因として、自然災害や人口の増減などは含まないとする。それは、自然災害の場合は突発的におこる一時期の出来事であるし、または人間による自然破..

    コメント1件

    barutann 購入
    ありがとうございました。
    2006/11/04 21:23 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。