『医療保険制度の概要について』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数491
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.医療保険制度の概要
    わが国では、国民すべてが何らかの公的な医療保険に加入しなければならない。これを「国民皆保険制度」という。昭和61年からは、日本に在住する外国人も加入することになっている。
    医療保険は相互扶助という考え方の上に成立する制度である。つまり、収入に応じた保険料を負担することによって、病気やケガをしたときにわずかな自己負担額で医療サービスを受けられるのが、この制度の一番の特徴である。
    医療保険は、大きく「被用者保険」と「地域保険」の2つに分けることができる。「被用者保険」は最も一般的な保健といえる。職場や会社を通して加入する保険で、次のものが挙げられる。
    ?健康保険
    一般被用者と、常用的雇用関係を持たない「法第69条の7被保険者」が対象である。一般被用者には、政府管掌保険と組合管掌保険がある。
    ?船員保険
    船員として船舶所有者に雇用される人が対象である。
    ?共済組合等
    国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員などが対象である。 
    そして「地域保険」は自営業世帯を中心とした国民健康保険のことで、次の2種類がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『医療保険制度の概要について』
     1.医療保険制度の概要
     わが国では、国民すべてが何らかの公的な医療保険に加入しなければならない。これを「国民皆保険制度」という。昭和61年からは、日本に在住する外国人も加入することになっている。
     医療保険は相互扶助という考え方の上に成立する制度である。つまり、収入に応じた保険料を負担することによって、病気やケガをしたときにわずかな自己負担額で医療サービスを受けられるのが、この制度の一番の特徴である。
     医療保険は、大きく「被用者保険」と「地域保険」の2つに分けることができる。「被用者保険」は最も一般的な保健といえる。職場や会社を通して加入する保険で、次のものが挙げられる。
     ①健康保険
     一般被用者と、常用的雇用関係を持たない「法第69条の7被保険者」が対象である。一般被用者には、政府管掌保険と組合管掌保険がある。
     ②船員保険
     船員として船舶所有者に雇用される人が対象である。
     ③共済組合等
     国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員などが対象である。 
     そして「地域保険」は自営業世帯を中心とした国民健康保険のことで、次の2種類がある。一つ..

    コメント1件

    ty0628 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 15:08 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。