高齢者が求める福祉専門職について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数511
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、わが国において介護は重要な社会問題となっている。一昔前までは、病弱であったり、寝たきりになってしまった高齢者や障害者を持つ身内を介護するという行為は、家族が担う仕事であった。ところが、最近になってこの介護機能を社会の責任として担っていこうという動きが活性化した。その要因として、「高齢化」が挙げられる。わが国では、急速に高齢化が進み、1994年の段階ですでに高齢化率は14.1%までに上昇し、高齢社会に突入したのである。急速に高齢者率が増え、介護を必要とする高齢者も増加した。だが、その一方で家族での介護の担い手となっていた女性の社会進出や、同居率の低下が進み、高齢者介護を家族だけで担うことができなくなった。男女平等、人権擁護という意識が高まる中、日本社会全体で高齢者を受け入れていこうとしているのである。
    また介護とは、身体を清潔に保ち、排泄や衣服の着脱、食事介助等、身体的な介助だけではなく、精神的なケアを含む。そのため、介護には専門的な知識や技術が必要となってくる。さらに介護は、日常の世話だけでなく、介護を必要とする人が毎日穏やかで快適にくらせるようなQOL(生活の質)の向上や、自立支援という大きな意義がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『高齢者が求める福祉専門職について。』
     現在、わが国において介護は重要な社会問題となっている。一昔前までは、病弱であったり、寝たきりになってしまった高齢者や障害者を持つ身内を介護するという行為は、家族が担う仕事であった。ところが、最近になってこの介護機能を社会の責任として担っていこうという動きが活性化した。その要因として、「高齢化」が挙げられる。わが国では、急速に高齢化が進み、1994年の段階ですでに高齢化率は14.1%までに上昇し、高齢社会に突入したのである。急速に高齢者率が増え、介護を必要とする高齢者も増加した。だが、その一方で家族での介護の担い手となっていた女性の社会進出や、同居率の低下が進み、高齢者介護を家族だけで担うことができなくなった。男女平等、人権擁護という意識が高まる中、日本社会全体で高齢者を受け入れていこうとしているのである。
     また介護とは、身体を清潔に保ち、排泄や衣服の着脱、食事介助等、身体的な介助だけではなく、精神的なケアを含む。そのため、介護には専門的な知識や技術が必要となってくる。さらに介護は、日常の世話だけでなく、介護を必要とする人が毎日穏やかで快適に..

    コメント3件

    misogohan16 購入
    参考になりましたー
    2006/10/21 9:02 (10年1ヶ月前)

    skippdarma 購入
    参考になりました。
    2007/05/07 15:21 (9年7ヶ月前)

    chaosknight6 購入
    参考になりました
    2007/06/16 16:31 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。