聖なるもの

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,460
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート社会学宗教

    代表キーワード

    社会学宗教聖なるもの

    資料紹介

     多くの世界のさまざまな宗教の概念には、聖なるものと俗なるものとの区分を含んでいて、信者は自らの救済のためにささやかな活動をおこなっている世界にたいして、もうひとつの領域を対置する。この区分は宗教的な現象を規定するには必ず十分なものではないが、どのような宗教にもその定義に聖と俗の対立が含まれるのは明らかである。
     聖なるものはある種の事物、ある種の人物、ある種の空間、ある種の時間に永続的に、あるいは一時的に宿っている。聖なるものは事物がそれ自体の力では獲得することのできない特質であって、神秘的な恩寵によって事物に付け加えられたものである。
     聖なるものとは『俗』にとって全く及びもつかぬ絶対他者的で、神々しく、巨大なるものであり、同時に尊厳ですさまじい活動力と底知れぬおそろしさを秘めつつ、しかも人々を魅了せずにはおかぬ神秘的吸引力をあわせ備えたものであるとオットーはいう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『聖なるもの』
     多くの世界のさまざまな宗教の概念には、聖なるものと俗なるものとの区分を含んでいて、信者は自らの救済のためにささやかな活動をおこなっている世界にたいして、もうひとつの領域を対置する。この区分は宗教的な現象を規定するには必ず十分なものではないが、どのような宗教にもその定義に聖と俗の対立が含まれるのは明らかである。
     聖なるものはある種の事物、ある種の人物、ある種の空間、ある種の時間に永続的に、あるいは一時的に宿っている。聖なるものは事物がそれ自体の力では獲得することのできない特質であって、神秘的な恩寵によって事物に付け加えられたものである。
    聖なるものとは『俗』にとって全く及びも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。