不動産の保存登記について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数578
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     結論から述べると、以下の不動産登記法74条に定める4つの場合が挙げられる。
    1項1号:表題部所有者又はその相続人その他の一般承継人
    2号:所有権を有することが確定判決によって確認された者
    3号:収用によって所有権を取得した者
    2項:区分建物にあっては、表題部所有者から所有権を取得した者も、前項の登記を申請できる。この場合において、当該建物が敷地権付き区分建物であるときは、当該敷地権の登記名義人の承諾を得なければならない。
     以上の4つ場合すべてに共通することは単独申請ができる点にある。これは、予め甲区事項欄に所有者存在せず、登記義務者がいないからである。また、共有の場合でも単独で全員分の登記申請ができる。これは一刻も早く法的地位を確立することにより、法的紛争を回避できるようにする為である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     結論から述べると、以下の不動産登記法74条に定める4つの場合が挙げられる。
    1項1号:表題部所有者又はその相続人その他の一般承継人
    2号:所有権を有することが確定判決によって確認された者
    3号:収用によって所有権を取得した者
    2項:区分建物にあっては、表題部所有者から所有権を取得した者も、前項の登記を申請できる。この場合において、当該建物が敷地権付き区分建物であるときは、当該敷地権の登記名義人の承諾を得なければならない。
    以上の4つ場合すべてに共通することは単独申請ができる点にある。これは、予め甲区事項欄に所有者存在せず、登記義務者がいないからである。また、共有の場合でも単独で全員分の登記申..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。