正当防衛と緊急避難の共通点と相違点

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,232
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。(刑法36条1項)一方、緊急避難とは、自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危機を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。(同法37条1項本文)
     上記条文通り、双方とも緊急の場合で、自己又は第三者の法益を守る為に他人の法益を侵害する行為だが、その行為は社会的に相当といえる為、罰しないされる点で共通する。
    この「罰しない」の法的性格について、特に緊急避難について争いがあるが、双方とも違法性を阻却するものであると解する。
     したがって、このように正当防衛・緊急避難はその趣旨および法的性質を共通にし、このことから成立要件についても多くの共通点がある。それは、急迫(現在)、自己又は他人に対すること、あらゆる正当性ある権利、が双方ともほぼ同一の解釈としている。
     では、どのような相違があるかについて、以下に説明する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。(刑法36条1項)一方、緊急避難とは、自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危機を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。(同法37条1項本文)
     上記条文通り、双方とも緊急の場合で、自己又は第三者の法益を守る為に他人の法益を侵害する行為だが、その行為は社会的に相当といえる為、罰しないされる点で共通する。
    この「罰しない」の法的性格について、特に緊急避難について争いがあるが、双方とも違法性を阻却するものであると解する。
     したがって、このように正当防衛・緊急避難はその趣旨および法的性質を共通にし、このことから成立要件についても多くの共通点がある。それは、急迫(現在)、自己又は他人に対すること、あらゆる正当性ある権利、が双方ともほぼ同一の解釈としている。
    では、どのような相違があるかについて、以下に説明する。
    正当防衛の特徴として、相手方の行為が不正(違法)であることが要件とされる。違法とは、..

    コメント3件

    bayerun
    やや不足事項が感じられました。
    2006/04/04 14:17 (8年3ヶ月前)

    ja023036
    かなり法学初心者向けです。
    2006/04/17 23:57 (8年3ヶ月前)

    tomoji429
    参考になりました。
    2006/07/11 22:14 (8年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告