商号変更手続きについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数850
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     商号は定款の絶対的記載事項であるため、まずは商号変更についての株主総会特別決議が必要となる。当総会を開催する為に招集通知を原則開催日の2週間前までに行っていなければならない。そして総会当日の決議内容は、商号としての適格性と類似商号規定を充たしていることが求められる。また、商号は登記事項のため、それが適法に変更されれば変更登記が必要となる。
     以上が商号変更に必要な手続きの基本的な概略であり、以下に当手続きの詳細並びに変則を説明する。
     まず招集手続きについて招集地の指定は無く、臨時・定時総会のいずれでも構わない。招集通知の発送時期は先述した原則2週間前までだが、これは飽くまでも株主保護規定である為、手続きに瑕疵があっても株主全員の同意がある場合、その瑕疵は治癒される。同様に、株主総会に議決権を行使できる株主が全員出席している場合も、その瑕疵が治癒される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①商号変更手続きについて
     商号は定款の絶対的記載事項であるため、まずは商号変更についての株主総会特別決議が必要となる。当総会を開催する為に招集通知を原則開催日の2週間前までに行っていなければならない。そして総会当日の決議内容は、商号としての適格性と類似商号規定を充たしていることが求められる。また、商号は登記事項のため、それが適法に変更されれば変更登記が必要となる。
    以上が商号変更に必要な手続きの基本的な概略であり、以下に当手続きの詳細並びに変則を説明する。
    まず招集手続きについて招集地の指定は無く、臨時・定時総会のいずれでも構わない。招集通知の発送時期は先述した原則2週間前までだが、これは飽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。