モチベーション向上の理論と具体的方策 −自己管理の場合−

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,347
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?:序論
    1:知識習得と実践力の関係
    情報化社会の現代において、多くの人々は膨大な情報に飲み込まれている。知りえた多くの情報をできるだけ活用しようと躍起になり、その結果行動に結びつけることに至らないケースが散見される。このようなことは、判断力を鈍らせ、悪くすると日常活動におけるモチベーション低下の要因となりかねない。逆に言えば、必要な情報を取り込んだら、行動に反映することが肝要である。その橋渡しの役目としてモチベーション向上のフレームワークがある。そのために、自己管理の視点から効率よくモチベーションを向上させる方法を調べる。加えて、モチベーション向上による自己の可能性を広げるための具体案を論ずる。
    2:モチベーション向上をテーマとして選んだ理由
    (1):自身の問題
    日ごろからどうすればモチベーション向上ができるかという問いを持っている。さらに、自問することでモチベーション向上の理論自体に関心が向いたからである。
    (2):団塊世代のリタイアと若年者の採用難の問題
    就業世代の転換期の今、若年者の就業意識の希薄化を問題視する記事が多いため。ここ数年の若年者の雇用が振るわない理由にはいろいろな論点がある。その中でも若年者のビジョンが明確でないことによる心理的問題に着目した。ある程度のビジョンを描けなければ、何をして良いかわからず、モチベーション低下が加速する。職業訓練もままならない若年者が増え、団塊世代のリタイアも相まって、絶対的に就業者が減る。そうなれば日本経済の失速する可能性が高まり、同じ日本人として無視できなくなる。
    3:先行研究について
    (1):近現代モチベーション理論
    欲求説では、マズローの欲求5段階説 (Maslow [1943] [1954])、ハーズバーグの二要因説(Herzberg et al. [1959])、マグレガーのXY理論(McGregor [1970])がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    モチベーション向上の理論と具体的方策 ―自己管理の場合―
    Ⅰ:序論
    1:知識習得と実践力の関係
    情報化社会の現代において、多くの人々は膨大な情報に飲み込まれている。知りえた多くの情報をできるだけ活用しようと躍起になり、その結果行動に結びつけることに至らないケースが散見される。このようなことは、判断力を鈍らせ、悪くすると日常活動におけるモチベーション低下の要因となりかねない。逆に言えば、必要な情報を取り込んだら、行動に反映することが肝要である。その橋渡しの役目としてモチベーション向上のフレームワークがある。そのために、自己管理の視点から効率よくモチベーションを向上させる方法を調べる。加えて、モチベーション向上による自己の可能性を広げるための具体案を論ずる。
    2:モチベーション向上をテーマとして選んだ理由
    (1):自身の問題
    日ごろからどうすればモチベーション向上ができるかという問いを持っている。さらに、自問することでモチベーション向上の理論自体に関心が向いたからである。
    (2):団塊世代のリタイアと若年者の採用難の問題
    就業世代の転換期の今、若年者の就業意識の希薄化を問題視する記事が多い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。