古代ローマ時代に関する考察:女性・医療・教育[早稲田・文学部・西洋古代史・評価A]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,671
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1章:古代ローマにおける女性 ―結婚制度ほか―
     ローマの一般家庭においては、夫婦、子ども、奴隷など(場合によっては解放奴隷も)が一つ屋根の下で暮らしていた。そしてその中で、家長だけが家の財産や、奴隷も含めた家族全員に対して全面的権力を握っていた。家長はその家の財産を守り、次世代に伝えていく役目を担っていた。
     女子は生後9日目(男子は8日目)に命名され、これによって正式に家族の一員となる。子供たちは幼年期を通して豪華なトーガを身に付け、お守りを入れたカプセルを首から下げていた。女子はこれを結婚するときに、男子は成人服に着替える17歳頃に取り外す。ギリシアと違い、女子にも初等教育が施される習慣があった。
     良家の娘はほとんどの場合、分別のつく年ごろになる前に婚約させられ、12〜16歳ぐらいで結婚した(男子は18歳前後)。それ以後も未婚の場合、老嬢視された。結婚すれば男とほぼ同等の自由が認められた。結婚相手は自由に選べなかった。女性だからではなく、生まれた時から親に従うよう定められていたからである。奴隷や貧しい民衆は同棲生活を送るのみで、合法的な家庭をつくることはできなかった。正式に家庭を営むことができたのは支配階級だけであった。彼らは次のような様々な方法で結婚した。
    ?コンファレアチオ:最も厳粛な方式。10人の証人の前で神に生け贄をささげる。
    ?コエムプチオ:少なくとも5人の証人をたて、妻を「買い取る」やり方。夫が義父にたいして、娘をもらい受けるお返しをした時代から受け継がれてきたもの。
    ?ウースス:事実婚。まる1年の同棲期間の後、そのまま妻は夫の家族の一員となる。
     裕福な階級のローマ人たちは、平均すると3回ほど結婚した。女性の死亡率が高かったのと、多くの場合手紙一本で容易に離婚できたからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古代ローマ時代に関する考察
    ―女性・医療・教育―
    第1章:古代ローマにおける女性 ―結婚制度ほか―
     ローマの一般家庭においては、夫婦、子ども、奴隷など(場合によっては解放奴隷も)が一つ屋根の下で暮らしていた。そしてその中で、家長だけが家の財産や、奴隷も含めた家族全員に対して全面的権力を握っていた。家長はその家の財産を守り、次世代に伝えていく役目を担っていた。
     女子は生後9日目(男子は8日目)に命名され、これによって正式に家族の一員となる。子供たちは幼年期を通して豪華なトーガを身に付け、お守りを入れたカプセルを首から下げていた。女子はこれを結婚するときに、男子は成人服に着替える17歳頃に取り外す。ギリシアと違い、女子にも初等教育が施される習慣があった。
     良家の娘はほとんどの場合、分別のつく年ごろになる前に婚約させられ、12~16歳ぐらいで結婚した(男子は18歳前後)。それ以後も未婚の場合、老嬢視された。結婚すれば男とほぼ同等の自由が認められた。結婚相手は自由に選べなかった。女性だからではなく、生まれた時から親に従うよう定められていたからである。奴隷や貧しい民衆は同棲生活を送るのみで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。