T.ローズヴェルト(セオドア・ローズヴェルト)の革新主義政策が意図したものについて論じなさい。[早稲田・文学部・アメリカ史・評価A]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,107
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    工業化・都市化・大量移民によって、アメリカ社会の安定は1880年代後半から揺らぎ始めた。階級の分裂・対立から労働運動が激化し、社会主義者が活動し始め、社会の安定の基盤とされてきた農民までもが反抗を開始した。大企業の独占が横行し、フロンティアは消滅し、大都市は貧困で異質の移民に占領された。さらに、1890年代の不況によって、危機感と急進主義への恐れが高まった。
     「革新主義(Progressivism)」とは、こうした19世紀末の新しい社会問題に応え、20世紀初頭に様々なレベルで起こった国内改革運動のことである。その内容は多様であるが、いくつかの共通項がある。まず、多くの革新主義者は、産業化・都市化を社会の不安定要因として見ていた。次に、彼らは特に大都市と大企業が社会の安定を危うくし、「自由・平等」というアメリカ本来の理念を崩すと見ていた。さらに彼らは、秩序を取り戻すには、政府の権限を拡大することが不可欠と考えていた。しかもその際、政党よりも専門家が主導権を握るほうが好ましいと考えた。
     この運動の中心人物になったのが、セオドア・ローズヴェルト(Theodore Roosevelt)であった。しかし彼は、対内的には革新主義の担い手である一方で、対外的には「棍棒外交」を推進し、自他共に認める帝国主義者でもあった。「革新主義」と「帝国主義」は、一見矛盾するかのように思われるが、実際には表裏一体のものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈問題〉
     T.ローズヴェルト(セオドア・ローズヴェルト)の革新主義政策が意図したものについて論じなさい。
    〈解答〉
     工業化・都市化・大量移民によって、アメリカ社会の安定は1880年代後半から揺らぎ始めた。階級の分裂・対立から労働運動が激化し、社会主義者が活動し始め、社会の安定の基盤とされてきた農民までもが反抗を開始した。大企業の独占が横行し、フロンティアは消滅し、大都市は貧困で異質の移民に占領された。さらに、1890年代の不況によって、危機感と急進主義への恐れが高まった。
     「革新主義(Progressivism)」とは、こうした19世紀末の新しい社会問題に応え、20世紀初頭に様々なレベルで起こった国内改革運動のことである。その内容は多様であるが、いくつかの共通項がある。まず、多くの革新主義者は、産業化・都市化を社会の不安定要因として見ていた。次に、彼らは特に大都市と大企業が社会の安定を危うくし、「自由・平等」というアメリカ本来の理念を崩すと見ていた。さらに彼らは、秩序を取り戻すには、政府の権限を拡大することが不可欠と考えていた。しかもその際、政党よりも専門家が主導権を握るほうが好..

    コメント1件

    jasonkidd 購入
    参考になりました
    2007/03/18 23:59 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。