グレアム・グリーンについての考察

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数478
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グリーンは、ハートフォードシアのバーカムステッドで一九〇四年十月二日に生まれた。六人兄弟の四番目であった。生まれてからの八年間は、バーカムステッドの小さな村らしい雰囲気の中で、近所に住む大勢の従兄弟や叔母、叔父たちの家に遊びに行ったりして楽しく過ごす。
    グリーンが突然本を読めることに気がついたのは、ハーストンにある叔父の家だった。彼は自分が本を読めるようになったことを知られないように、本を読む祭はいつも離れた屋根裏部屋で隠れて読んでいた。間もなく彼は次々と本を読み漁っていく。グリーン自身が言っている様に、「幼少期に読んだ本の影響は計り知れないものがある。本棚に並べられた本が子供たちの将来を決定するとも言える。どんなに宗教を叩き込んでも、我々の行動への影響力という点では、子供の頃の読書にはかなわないのである」。
    一九一二年、彼が八歳の誕生日を迎えようとした頃、グリーンはバーカムステッド校に入学する。それに続く十年間を彼はそこで過ごすことになるのだが、後半の五年間、は、脱け出そうにも脱け出せない悲惨な状況が続くことになる。父親を校長にもった彼は、自分の住む世界が他の少年たちの世界とは全く別なところにあると感じる。いつしか彼はさぼりの常習犯となり、生垣のくぼみに隠れては、学校生活の単調さ、屈辱、苦痛などからかけ離れた場所で本を読むようになる。彼は、自分が閉じ込められているという思いを強く抱いていた。
    グリーンは若い時、進行する憂鬱状態から逃れる手段を必死に模索し続けたことがある。彼はグラスに入れた亜硫酸ソーダ液を、その毒性からして致死量であろうと思って飲み乾したこともあった。後には、花粉症用の薬を飲んだり、アスピリンを二十錠ほど飲み込むことまでして自分の命を絶とうとしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グレアム・グリーンについての分析
                 
     グリーンは、ハートフォードシアのバーカムステッドで一九〇四年十月二日に生まれた。六人兄弟の四番目であった。生まれてからの八年間は、バーカムステッドの小さな村らしい雰囲気の中で、近所に住む大勢の従兄弟や叔母、叔父たちの家に遊びに行ったりして楽しく過ごす。
    グリーンが突然本を読めることに気がついたのは、ハーストンにある叔父の家だった。彼は自分が本を読めるようになったことを知られないように、本を読む祭はいつも離れた屋根裏部屋で隠れて読んでいた。間もなく彼は次々と本を読み漁っていく。グリーン自身が言っている様に、「幼少期に読んだ本の影響は計り知れないものがある。本棚に並べられた本が子供たちの将来を決定するとも言える。どんなに宗教を叩き込んでも、我々の行動への影響力という点では、子供の頃の読書にはかなわないのである」。
    一九一二年、彼が八歳の誕生日を迎えようとした頃、グリーンはバーカムステッド校に入学する。それに続く十年間を彼はそこで過ごすことになるのだが、後半の五年間、は、脱け出そうにも脱け出せない悲惨な状況が続くことになる。父..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。