知的財産権信託によるベンチャー企業などの資金調達について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数462
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ選択理由
     日本経済において、中小企業やベンチャー企業は各地域において技術・物資供給において大きな役割を果たしている。そのため、日本経済の活性化において中小企業、特に近年盛んなベンチャー企業を起業させやすい環境作りは重要である。
     そして、授業で知的財産信託権の講義をうけてみて、ちょうどゼミにおいてベンチャー企業について調査していて、ベンチャー企業の資金調達について学んでいた。それもあって、ベンチャーキャピタルなどの投資会社にとって、資金を提供する企業に対しての新たな判断材料となっているのではないだろうか?と考えたので、その点について調べてみようと思いったためこのテーマに絞った。
    テーマの重要性
     ベンチャー企業にとって最大の課題となるのが資金調達であり、多くのベンチャー企業が1000〜3000万の間が平均的な資本金だが、本来の理想としては4000〜7000万がほしいのが現状である。そこで、資金提供を受ける手段として金融機関の他にベンチャーキャピタルを活用する方法がある。
     当然、ベンチャーキャピタル見返りが望める企業、つまり将来性があり専門的技術や独創的なサービスなどをもつ企業に出資をするわけだが、知的財産を使うことでより資金調達が流動化し、知的財産により資金調達を図ることで、更なる事業展開を図ることができる。
     では、今後知的財産を使った資金調達におけるメリットを挙げたうえでいかに知財信託を運用していくべきかを考えてみたい。
     最大のメリットとしてはベンチャー企業は、土地・建物・機械設備等の有形資産をあまり保有していないことが通常であり、知的財産が資産の大部分を占めていることも珍しくない。そのため、ベンチャー企業が、会社の評価から切り離された知的財産をベースにして資金調達できるようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ
    知的財産権信託によるベンチャー企業などの資金調達について
    テーマ選択理由
    日本経済において、中小企業やベンチャー企業は各地域において技術・物資供給において大きな役割を果たしている。そのため、日本経済の活性化において中小企業、特に近年盛んなベンチャー企業を起業させやすい環境作りは重要である。
    そして、授業で知的財産信託権の講義をうけてみて、ちょうどゼミにおいてベンチャー企業について調査していて、ベンチャー企業の資金調達について学んでいた。それもあって、ベンチャーキャピタルなどの投資会社にとって、資金を提供する企業に対しての新たな判断材料となっているのではないだろうか?と考えたので、その点について調べてみようと思いったためこのテーマに絞った。
    テーマの重要性
    ベンチャー企業にとって最大の課題となるのが資金調達であり、多くのベンチャー企業が1000~3000万の間が平均的な資本金だが、本来の理想としては4000~7000万がほしいのが現状である。そこで、資金提供を受ける手段として金融機関の他にベンチャーキャピタルを活用する方法がある。
    当然、ベンチャーキャピタル見返りが望める企業、つ..

    コメント2件

    dio098 購入
    よかった
    2006/07/11 11:54 (10年5ヶ月前)

    leehikaru 購入
    good
    2007/08/05 5:31 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。