利益計画と予算管理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,324
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     企業の経営計画は、期間を計画対象とする期間計画と特定の問題を対象とする個別計画に区分される。また、計画対象の性質によっても区分することができ、企業の基本的経営構造を決定する構造計画と短期的な目標達成のための日常業務を対象とした業務計画とに分けられ、さらに計画対象によって長期経営計画、中期経営計画、短期経営計画に区分できる。一般的に一年以内のものが短期経営計画であり、三年以内が中期経営計画となり、それ以上の期間が長期経営計画となる。現代の企業においては、経済的・社会的環境が目まぐるしく変化するため、一年を超える中期経営計画を作成することが困難な状況になっている。その理由としては、競争の激化に伴う巨大な設備投資資金の回収と資金調達の計画化の必要性や製品のライフ・サイクルの短縮化による技術革新の向上などがあげられる。
     中期経営計画を金額で示したものが中期利益計画であり、この二つは常に対応関係にある。中期利益計画の決定方法は、一度大綱を決定したら、特別な事情がない限り修正しない方式の固定型のプラン方式と、年度ごとに企業を取り巻く環境変化に対応して修正する方式のローリング方式に区分される。固定型のプラン方式を採用した場合、従業員の混乱防止や経営トップ層への不信感を防止することができるが、年月がたつにつれ計画の妥当性が失われる可能性もある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    利益計画と予算管理について
    企業の経営計画は、期間を計画対象とする期間計画と特定の問題を対象とする個別計画に区分される。また、計画対象の性質によっても区分することができ、企業の基本的経営構造を決定する構造計画と短期的な目標達成のための日常業務を対象とした業務計画とに分けられ、さらに計画対象によって長期経営計画、中期経営計画、短期経営計画に区分できる。一般的に一年以内のものが短期経営計画であり、三年以内が中期経営計画となり、それ以上の期間が長期経営計画となる。現代の企業においては、経済的・社会的環境が目まぐるしく変化するため、一年を超える中期経営計画を作成することが困難な状況になっている。その理由としては、競争の激化に伴う巨大な設備投資資金の回収と資金調達の計画化の必要性や製品のライフ・サイクルの短縮化による技術革新の向上などがあげられる。
     中期経営計画を金額で示したものが中期利益計画であり、この二つは常に対応関係にある。中期利益計画の決定方法は、一度大綱を決定したら、特別な事情がない限り修正しない方式の固定型のプラン方式と、年度ごとに企業を取り巻く環境変化に対応して修正する方式のロー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。