インフォーマル組織について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,632
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業の経済的・技術的目的等を達成するために、意識的に形成された組織をフォーマル組織というのに対し、インフォーマル組織とは、職場内で個人的な接触などによって自然発生的に形成される小集団のことをいう。個人的な接触とは、例えば、同期入社の集団や同じ出身地の集団、同じ趣味を持った集団などのことであり、このような小集団においては、親密な人間関係を築くことができるとともに、組織としても潤滑油的な働きを持っているため、継続して存在することが多い。しかし、社内の勢力関係や重要な方法などもインフォーマル組織から流出する場合も考えられるため、フォーマル組織の運営に悪影響を及ぼすことも考えられる。
    インフォーマル組織は、労働生産性の向上のために必要な労働意欲管理を行う上で重要なものとなる。これは、メイヨーやレスリスバーガーが1924年から開始した工場の従業員における動機づけの実験で明らかとなったものである。メイヨーらは、このホーソン工場実験と呼ばれる実験において、責任者が労働者の協力を得ることで、労働者はひとつのチームとなり、誠心誠意かつ自発的に実験に協力し、生産性が向上することを発見した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インフォーマル組織について
    企業の経済的・技術的目的等を達成するために、意識的に形成された組織をフォーマル組織というのに対し、インフォーマル組織とは、職場内で個人的な接触などによって自然発生的に形成される小集団のことをいう。個人的な接触とは、例えば、同期入社の集団や同じ出身地の集団、同じ趣味を持った集団などのことであり、このような小集団においては、親密な人間関係を築くことができるとともに、組織としても潤滑油的な働きを持っているため、継続して存在することが多い。しかし、社内の勢力関係や重要な方法などもインフォーマル組織から流出する場合も考えられるため、フォーマル組織の運営に悪影響を及ぼすことも考えられる。
    インフォーマル組織は、労働生産性の向上のために必要な労働意欲管理を行う上で重要なものとなる。これは、メイヨーやレスリスバーガーが1924年から開始した工場の従業員における動機づけの実験で明らかとなったものである。メイヨーらは、このホーソン工場実験と呼ばれる実験において、責任者が労働者の協力を得ることで、労働者はひとつのチームとなり、誠心誠意かつ自発的に実験に協力し、生産性が向上するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。