管理活動について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数527
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    20世紀初頭は、機械が積極的に導入され、生産性が飛躍的に上昇した時代であった。生産性が上昇することで、一人の労働者が達成する出来高も必然的に上昇し、労働者の賃金水準が高くなっていったため、雇用者側は賃金水準がある程度高くなると、労務費を削減するために出来高単価を切り下げなければならなかった。労働者側からすれば、働いても出来高単価が下がるため、結果的に勤労意欲をなくし、組織的怠業を引き起こすことになった。この組織的怠業の問題を回避するために考え出されたのが、いわゆる課業管理であった。課業を設定することによって、明確な評価規準が与えられることになるため、進捗状況の確認などが可能になり、管理を行いやすくなると考えられた。
     テイラーは課業を規定するために、最も優秀な工員がどのような動作を行っているかを分析する動作研究と、動作ごとにどのくらいの時間がかかっているかという時間研究を行った。この二つの研究から課業を設定し、課業を上回る人には高い賃金率を適用し、課業を下回る人には低い賃金率を適用する賃金制度、つまり差別的出来高給制が取られるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     管理の活動における理論について述べる。
    20世紀初頭は、機械が積極的に導入され、生産性が飛躍的に上昇した時代であった。生産性が上昇することで、一人の労働者が達成する出来高も必然的に上昇し、労働者の賃金水準が高くなっていったため、雇用者側は賃金水準がある程度高くなると、労務費を削減するために出来高単価を切り下げなければならなかった。労働者側からすれば、働いても出来高単価が下がるため、結果的に勤労意欲をなくし、組織的怠業を引き起こすことになった。この組織的怠業の問題を回避するために考え出されたのが、いわゆる課業管理であった。課業を設定することによって、明確な評価規準が与えられることになるため、進捗状況の確認などが可能になり、管理を行いやすくなると考えられた。
     テイラーは課業を規定するために、最も優秀な工員がどのような動作を行っているかを分析する動作研究と、動作ごとにどのくらいの時間がかかっているかという時間研究を行った。この二つの研究から課業を設定し、課業を上回る人には高い賃金率を適用し、課業を下回る人には低い賃金率を適用する賃金制度、つまり差別的出来高給制が取られるようになった。また..

    コメント2件

    kizumi0302 購入
    管理の活動についての理論は述べられているが、それに対する感想などが入っているわけではない。
    しかし、科学的管理法についてはとても分かりやすく述べてあった。
    2006/12/30 12:42 (10年前)

    chisa 購入
    参考になりました。
    2007/07/26 14:06 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。