日本企業における終身雇用慣行について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,697
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 「終身雇用」という言葉によって表現される状態について
     日本企業において、終身雇用とは「日本的経営」と呼ばれる日本の伝統的な企業経営スタイルの中に存在するものであった。この日本的経営の慣行体系は、終身雇用のほかに年功序列や定型訓練、人の和の尊重などからなる人事労務慣行が存在し、すでに江戸時代に日本人の社会生活の中に定着していた前近代的な価値理念に基づいて形成されたものであった。このように形成された終身雇用を含んだ日本的経営の慣行体系は、その後、時代の変遷を超えて温存され、新しく日本につくられた企業や学校などの近代的組織体における人事労務慣行の基本となって、重大な効果をもたらすことになった。
     かつての日本企業での終身雇用慣行についてみると、大企業では常設されていることが多かったが、小規模企業では始めから常設されていなかったか、あるいは始めは存在していたが、やがて単なる飾りものにされてしまったかのどちらかである場合が大半であった。これは小規模企業が、終身雇用慣行を含めた「日本的経営」をセットにして常備するだけの余裕がもたなかったというよりも、このような面倒な制度をあえて採用する必要性がなかったのであった。
    2 「終身雇用」と呼ぶにふさわしいものであったか否か
     企業に入社した従業員は、上司の指示に従い出すぎることなく勤務していれば、特別に目立った業績がなくてもその企業が重大な危機にでも見舞われない限り、解雇の心配はなく定年に至るまで会社の手厚い恩恵を受けることができる。また、正規の従業員として採用されれば、職場と仕事は会社が決めてくれ、仕事に必要な機械や消耗品も会社から準備され、決められた仕事をすればその期間の給与やこれに付随する手当まで支給される。以上のことには、終身雇用の特徴的なものが含まれており、これらの待遇を実施している企業においては終身雇用と呼ぶにふさわしいといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本企業における終身雇用慣行について述べる。
    1 「終身雇用」という言葉によって表現される状態について
     日本企業において、終身雇用とは「日本的経営」と呼ばれる日本の伝統的な企業経営スタイルの中に存在するものであった。この日本的経営の慣行体系は、終身雇用のほかに年功序列や定型訓練、人の和の尊重などからなる人事労務慣行が存在し、すでに江戸時代に日本人の社会生活の中に定着していた前近代的な価値理念に基づいて形成されたものであった。このように形成された終身雇用を含んだ日本的経営の慣行体系は、その後、時代の変遷を超えて温存され、新しく日本につくられた企業や学校などの近代的組織体における人事労務慣行の基本となって、重大な効果をもたらすことになった。
    かつての日本企業での終身雇用慣行についてみると、大企業では常設されていることが多かったが、小規模企業では始めから常設されていなかったか、あるいは始めは存在していたが、やがて単なる飾りものにされてしまったかのどちらかである場合が大半であった。これは小規模企業が、終身雇用慣行を含めた「日本的経営」をセットにして常備するだけの余裕がもたなかったというより..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。