トンネル効果及び不確定性原理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数762
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     1687年に、ニュートンは物の運動を未来永却まで予言する、この世界の根本原理であるニュートン力学を完成させた。それはまず、夜空で不可解な動きをする惑星の運動に適用され、完璧な成功を収めた。さらに地上での大砲の弾道や物体の衝突、さらには空気の分子の熱運動にまで適用され、ことごとく成功を収めていった。しかし、ニュートン力学の成功の陰で、少数ではあるがニュートン力学に疑問をもつ人々も現れた。それは、ニュートン力学が人間の自由意志というものを否定するからであった。
     ニュートン力学によると、いかなる物体もある瞬間どこにあり、そのときどんな速度をもっているかを知れば、その後の或いはその以前の物体の運動は、物体に働く力が知られている限りは完璧に予測できる。いわゆる運動方程式を解けばよいということである。しかし、現実には多数の物体が入り乱れている複雑な状況で運動方程式を解くことは、不可能な場合もあるとはいえ、理屈としては全ての物体は運動方程式通りに動くのであり、それゆえ人間の脳細胞もニュートン力学から逃れることが出来ないのである。
     しかし、19世紀末になると、文明の発展はテクノロジーの進歩をもたらし、それまで不可能だった精密な測定が様々な分野で可能になり、ニュートン力学そのものを危うくしていった。その原因は、光の速度に関する問題と放射性元素の問題、そして低温での物質の比熱の問題であった。しかし、この3つの問題の中の一つである比熱の問題から、量子力学が誕生することとなった。
     量子力学の本質は、電子にしろ光にしろこの世界を構成している要素は、ときには粒子のように一転に集中し、またときには波のように拡がりをもって存在するということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     トンネル効果及び不確定性原理について述べる。
     1687年に、ニュートンは物の運動を未来永却まで予言する、この世界の根本原理であるニュートン力学を完成させた。それはまず、夜空で不可解な動きをする惑星の運動に適用され、完璧な成功を収めた。さらに地上での大砲の弾道や物体の衝突、さらには空気の分子の熱運動にまで適用され、ことごとく成功を収めていった。しかし、ニュートン力学の成功の陰で、少数ではあるがニュートン力学に疑問をもつ人々も現れた。それは、ニュートン力学が人間の自由意志というものを否定するからであった。
     ニュートン力学によると、いかなる物体もある瞬間どこにあり、そのときどんな速度をもっているかを知れば、その後の或いはその以前の物体の運動は、物体に働く力が知られている限りは完璧に予測できる。いわゆる運動方程式を解けばよいということである。しかし、現実には多数の物体が入り乱れている複雑な状況で運動方程式を解くことは、不可能な場合もあるとはいえ、理屈としては全ての物体は運動方程式通りに動くのであり、それゆえ人間の脳細胞もニュートン力学から逃れることが出来ないのである。
     しかし、19世紀..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。