「完全」競争の下での利益の最大化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数506
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     競争は、二人以上の市場参加者が存在している場合、一人の市場参加者のより高い目標達成度が、他の参加者の低い目標達成度を結果するという目標を追求する場合において、常に存在することになる。供給者は欲求の満足のため需要者に対し、以前の供給者にこれまで提供されてきた供給以上のどの程度よりよい供給を行わねばならないかによって、競争は一つの過程と理解される。供給者が市場の相手より有利な供給可能性を見いだすとき、あるいは有利な供給可能性を発見するための刺激を感じさせる場合、競争は有効であるといえる。競争の有効性は、競争手段としての価格の投入と結びつけられるものではなく、よりよい製品を不変あるいはより高い価格で提供するか、またはよりよい製品をより安い価格で提供する場合である。
     供給者と需要者との間で展開される市場は、競争の程度に応じて完全市場と不完全市場とに分けることができる。完全市場とは、完全に同質の種類の財があり、ある期間にわたって同じ場所、同じ交換条件の下で、すべての人々に供給し、すべての参加者がこうした条件について完全に知っている市場のこといい、この完全市場のもとでの多占的供給構造の場合を「完全競争」という。
     古典的経済理論によると、完全競争という前提のもとですべての供給者が利益を追求すれば、それが同時に公共の福祉にとって最も効率的に促進されるものになるとされるが、このような過程は一般に現実的なものとは認められないとされる。つまり、完全競争とは単なる純粋概念に過ぎないということである。
     企業は一般的に、利益という形態で目標を追求されることが多く、その利益が所有する物的資源や資金的資源を財やサービスに変換し、顧客に販売することで見返りを得るという過程を通して企業目標の実現を志向する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「完全」競争の下での利益の最大化について述べる。
     競争は、二人以上の市場参加者が存在している場合、一人の市場参加者のより高い目標達成度が、他の参加者の低い目標達成度を結果するという目標を追求する場合において、常に存在することになる。供給者は欲求の満足のため需要者に対し、以前の供給者にこれまで提供されてきた供給以上のどの程度よりよい供給を行わねばならないかによって、競争は一つの過程と理解される。供給者が市場の相手より有利な供給可能性を見いだすとき、あるいは有利な供給可能性を発見するための刺激を感じさせる場合、競争は有効であるといえる。競争の有効性は、競争手段としての価格の投入と結びつけられるものではなく、よりよい製品を不変あるいはより高い価格で提供するか、またはよりよい製品をより安い価格で提供する場合である。
     供給者と需要者との間で展開される市場は、競争の程度に応じて完全市場と不完全市場とに分けることができる。完全市場とは、完全に同質の種類の財があり、ある期間にわたって同じ場所、同じ交換条件の下で、すべての人々に供給し、すべての参加者がこうした条件について完全に知っている市場のこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。