標準原価計算の意義、目的及び方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,626
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 標準原価計算の意義について
     標準原価計算は、実際原価計算が必ずしも原価管理に役立つ適切な原価情報をタイムリーに提供することが出来ないことから、この欠陥を補うことを目的として考案された原価計算の方式である。標準原価計算の発展の契機となった実際原価計算の欠陥は、実際原価の変動性と原価確定のタイミングの遅れという2つの点に集約できる。これらの実際原価計算の抱える原価管理上の不都合を克服するために、F.W.テイラーの科学的管理法を契機として考案されたのが標準原価計算である。実際原価計算は、偶然的原価の比較であるが故に、原価管理に対して適切な情報を提供できない。そこで、比較する対象を偶然的原価同士から一方を能率測定の尺度となる原価に代え、この原価と実際原価とを比較するならば、能率の良否が判明するのではないかとの考え方が、テイラーを始祖とする1910年頃の米国の能率技師達の間で生まれるに至った。
     標準原価計算制度は、技術的に検討された数量的標準と経済状態の変化を勘案して設定された標準価格から決定される標準原価を会計機構の中に取り入れて、標準原価の計算と財務会計とを勘定組織をもって結合された計算制度である。この計算を通して、棚卸資産や売上原価を算定するとともに、他方では標準原価と実際原価との差異を分析することによって原価管理を進めていくものである。
    2 標準原価計算の目的について
     標準原価計算の目的として、次の四つが挙げられる。第一に、原価管理を効果的にするための原価の標準として標準原価を設定することである。原価管理は、原価が発生する前に、原価発生に責任ある従業員に対して予め作業に要する原価標準を指示し、その標準原価と実際発生額を対比して差異発生原因を分析し、標準原価との差異を最小限にするための改善を行うことにより達成されるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     標準原価計算の意義、目的及び方法について述べる。
    1 標準原価計算の意義について
     標準原価計算は、実際原価計算が必ずしも原価管理に役立つ適切な原価情報をタイムリーに提供することが出来ないことから、この欠陥を補うことを目的として考案された原価計算の方式である。標準原価計算の発展の契機となった実際原価計算の欠陥は、実際原価の変動性と原価確定のタイミングの遅れという2つの点に集約できる。これらの実際原価計算の抱える原価管理上の不都合を克服するために、F.W.テイラーの科学的管理法を契機として考案されたのが標準原価計算である。実際原価計算は、偶然的原価の比較であるが故に、原価管理に対して適切な情報を提供できない。そこで、比較する対象を偶然的原価同士から一方を能率測定の尺度となる原価に代え、この原価と実際原価とを比較するならば、能率の良否が判明するのではないかとの考え方が、テイラーを始祖とする1910年頃の米国の能率技師達の間で生まれるに至った。
     標準原価計算制度は、技術的に検討された数量的標準と経済状態の変化を勘案して設定された標準価格から決定される標準原価を会計機構の中に取り入れて、標..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。