グーテンベルクの「経営」と「企業」の概念について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,123
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     経営という組織化された経済単位は、あらゆる社会に存在する体制無関連事項であり、この経営を特徴づけるメルクマールとして、グーテンベルクは次の三つに分類して、これらに従うものが「経営」であるとした。
     第一は、財を生産するため、労働、経営手段、原材料などの「生産要素を結合する過程」である。第二は、「経済性原則」と呼ばれるものであり、ここでは、あらゆる経済体制の経営活動にとって基本的に生産諸要素の結合は、一般的に経済性の原則、すなわち最高度の手段利用節約の原則で行われるとした。つまり、どの経営もすべて、生産性、つまり要素投入の効率をできるだけ最高度に発揮するように努めるものであるとした。この原則は、さらに一定の産出量を最小の投入量で達成する最小値原則と一定の投入で最大の産出量を達成する最大値原則の二つのタイプに分けられる。そして第三は「財務的均衡の維持する原則」である。この原則では、経営活動とは経済体制の如何を問わず、法律上又は契約上、承認された支払手段について、常に支払義務を履行しなければならないものであるとし、資本の委託と資本の利用を時間的に調整することは、経済体制とは無関係にどの経営にも妥当するものとした。
     経営の例の一つとして生産管理があげられる。生産管理は、経営管理の部分管理として生産計画を作成し、計画を遂行してその結果を分析統制する。さらに体系的には、作業管理や工程管理、品質管理によって製品の質と量を確保することである。生産管理は、その性質上、生産技術の発展によって大きな影響を受け、経営における生産能率・生産性を著しく増大することになる。
     経営という概念に対し、経済体制との関連で問題にあがるのが「企業」という概念である。経営はその経済体制とは無関連であるが、企業とは経営類型の一つであり、経営という類型を市場経済体制との関連で叙述されることがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グーテンベルクの「経営」と「企業」の概念について述べる。
     経営という組織化された経済単位は、あらゆる社会に存在する体制無関連事項であり、この経営を特徴づけるメルクマールとして、グーテンベルクは次の三つに分類して、これらに従うものが「経営」であるとした。
    第一は、財を生産するため、労働、経営手段、原材料などの「生産要素を結合する過程」である。第二は、「経済性原則」と呼ばれるものであり、ここでは、あらゆる経済体制の経営活動にとって基本的に生産諸要素の結合は、一般的に経済性の原則、すなわち最高度の手段利用節約の原則で行われるとした。つまり、どの経営もすべて、生産性、つまり要素投入の効率をできるだけ最高度に発揮するように努めるものであるとした。この原則は、さらに一定の産出量を最小の投入量で達成する最小値原則と一定の投入で最大の産出量を達成する最大値原則の二つのタイプに分けられる。そして第三は「財務的均衡の維持する原則」である。この原則では、経営活動とは経済体制の如何を問わず、法律上又は契約上、承認された支払手段について、常に支払義務を履行しなければならないものであるとし、資本の委託と資本の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。