今時のアクセント事情

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数317
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     方言というものなどを考えてみても、アクセントが地域によって異なるということは明らかであろう。ここでとりあげたいのは、アクセントは地域によってのみでなく、時代によっても異なるものだということである。アクセントも時代とともに変わりつつあるということだ。このことについて考えてみたい。
     少し前から現れた「コギャル」という、主に今時の女子高生を指して使われる言葉があるが、「コギャル」の特徴として挙げられるものには、その服装やメイク、行動のみならず、「コギャル口調」があるといえるだろう。それはつまり、主にアクセントの問題ではないだろうか。例えば、「かなり」という言葉。今までは「カ ナリ」と発音されていたと思う(少なくとも自分はそうだった)が、コギャルは「カ ナリ」と発音する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今時のアクセント事情
     方言というものなどを考えてみても、アクセントが地域によって異なるということは明らかであろう。ここでとりあげたいのは、アクセントは地域によってのみでなく、時代によっても異なるものだということである。アクセントも時代とともに変わりつつあるということだ。このことについて考えてみたい。
     少し前から現れた「コギャル」という、主に今時の女子高生を指して使われる言葉があるが、「コギャル」の特徴として挙げられるものには、その服装やメイク、行動のみならず、「コギャル口調」があるといえるだろう。それはつまり、主にアクセントの問題ではない だろうか。例えば、「かなり」という言葉。今までは「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。