判断を誤った体験とそれに対する認知心理的考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数452
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートでは、これまでの人生の中で、自分自身判断を誤ったと考えられる体験について、講義でとりあげられた概念を用いて認知心理的に考察していく。本文は3つの事例から構成される。部活選びに関する失敗、アパート選びに関する失敗、日常生活の中での体験について、の3つである。
    まずは部活選びに関する失敗である。中学校に入学したばかりの頃、どの部活に入ろうか考えているときに、テニス部の顧問である理科の教師が、授業のときにテニス部の勧誘をしていて、とても優しそうな先生だという印象を受けたので入部してしまったが、実際はなかなかの鬼コーチであった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    判断を誤った体験とそれに対する認知心理的考察
                         
     本レポートでは、これまでの人生の中で、自分自身判断を誤ったと考えられる体験について、講義でとりあげられた概念を用いて認知心理的に考察していく。本文は3つの事例から構成される。部活選びに関する失敗、アパート選びに関する失敗、日常生活の中での体験について、の3つである。
    まずは部活選びに関する失敗である。中学校に入学したばかりの頃、どの部活に入ろうか考えているときに、テニス部の顧問である理科の教師が、授業のときにテニス部の勧誘をしていて、とても優しそうな先生だという印象を受けたので入部してしまったが、実際は..

    コメント1件

    えっこ 販売
    大学での講義課題として提出したもの。あまり参考にならないかもしれません。ローボール・テクニック、確証バイアスなどの事例について書いています。
    2008/01/16 9:58 (8年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。