生涯教育と博物館

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数598
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?.生涯学習とは 
    1生涯学習は、生活の向上、職業上の能力の向上や、自己の充実を目指し、各人が自発的な意志に基づいて行うことを基本とするものであること
    2.生涯学習は、必要に応じ、可能な限り自己に適した手段及び方法を自ら選びながら生涯を通じておこなうものであること
    3生涯学習は、学校や社会の中で意図的・組織的な学習活動として行われるだけでなく、人々のスポーツ活動、文化活動、趣味、レクリエーション活動、ボランティア活動などの中でも行われるものであること
     (中央教育審議会答申「生涯学習の基盤整備について」 H2.1.30 )
     つまり生涯学習というのは、市民一人ひとりが自分の生活の奥行きと間口を拡げて、日常をより豊かで張りのあるものにするために、学習や活動、文化活動、ボランティア活動、地域活動などの様々な活動を行うことであるといえる。
    ?.生涯学習における博物館に期待される役割
     近年学校では、完全週5日制の導入や、「総合的な学習の時間」を設けるなど点数で測れる学力ではない、「生きる力」を育むための取り組みが重視されるようになってきた。また、高齢社会、職業体系の変化などにより、地域社会においても施設を利用し、自らの生きがいや心の豊かさを満たすことのできる場が求められるなど、生涯学習についての関心が高まっている。
     このような社会の変化の中で、博物館に求められる役割は大きい。そしてその役割を果たすためには、教育普及活動(展示・講演会・講座・体験学習など)や展示事業(常時展示や特別展示)はもとより、地域の住人が気軽に足を向けられる博物館であるようにすることが大前提であると思われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生涯学習と博物館
    Ⅰ.生涯学習とは 
    1生涯学習は、生活の向上、職業上の能力の向上や、自己の充実を目指し、各人が自発的な意志に基づいて行うことを基本とするものであること
    2.生涯学習は、必要に応じ、可能な限り自己に適した手段及び方法を自ら選びながら生涯を通じておこなうものであること
    3生涯学習は、学校や社会の中で意図的・組織的な学習活動として行われるだけでなく、人々のスポーツ活動、文化活動、趣味、レクリエーション活動、ボランティア活動などの中でも行われるものであること     
                    (中央教育審議会答申「生涯学習の基盤整備について」 H2.1.30 )
    つまり生涯学習というのは、市民一人ひとりが自分の生活の奥行きと間口を拡げて、日常をより豊かで張りのあるものにするために、学習や活動、文化活動、ボランティア活動、地域活動などの様々な活動を行うことであるといえる。
      
    Ⅱ.生涯学習における博物館に期待される役割
     近年学校では、完全週5日制の導入や、「総合的な学習の時間」を設けるなど点数で測れる学力ではない、「生きる力」を育むための取り組みが重視されるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。