家庭科指導案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,902
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    家庭科学習指導案神戸市立 学校 第6学年1組(38名:男児18名、女児20名)平成17年10月14日(金)第2校時(9:40〜10:25)使用教室(家庭科室)  指導者:
    衣服を気持ちよく 使用教科書「わたしたちの家庭科」(開隆堂)
    ○衣服に関心を持ち、日常着を気持ちよく着たり、必要な手入れをしようとする。(関心・意欲・態度)○衣生活を見直し、日常着の着方や手入れについて考えたり、自分なりに工夫したりできる。(創意工夫)○日常着の手入れの仕方がわかり、簡単な洗濯の手入れができる。(技能)○衣服の働きが分かり、日常着の着方と手入れについて理解できる。(知識・理解)
    第一次 なぜ衣服を着るのだろう・・・・・・・・・・・2時間第二次 気持ちよく着る工夫をしよう・・・・・・・・・4時間 第1時 気持ちよく着るために手入れの仕方を考える 第2時 衣服の汚れについて調べる 第3時 表示を調べて、衣服にあった洗濯の仕方を知る 第4時 洗剤を使って手洗いで洗濯する(本時4/4)第三次 衣服と生活について考えよう・・・・・・・・・・1時間
    ○教材観・・・衣服の様々な働きを知ることにより、場面によって適切な日常着を着たり、洗濯の必要性や洗剤・用具・洗い方などの基礎的な知識を習得できるようにする。また、児童が日常あまり行っていない手洗い洗濯を実践することにより、衣服を大切にしようとする態度を育てたいと考える。さらに洗剤や水についても着目し、環境にも意識して行動できる力を育てる。○児童観・・・石鹸を使用して洗濯(手洗い洗濯を含む)したことがある児童は12名、洗剤を使って洗濯(全自動洗濯機)したことがある児童は3名であった。本単元を学習することにより、児童に衣服に関心をもたせ、衣服を自分で洗濯したり手入れをしたりしようとする態度を育てたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科学習指導案
    神戸市立 学校 第6学年1組(38名:男児18名、女児20名)
    平成17年10月14日(金)第2校時(9:40~10:25)
    使用教室(家庭科室)  指導者:
    題材
    衣服を気持ちよく 使用教科書
    「わたしたちの家庭科」
    (開隆堂)   
    目標 ○衣服に関心を持ち、日常着を気持ちよく着たり、必要な手入れをしようとする。(関心・意欲・態度)
    ○衣生活を見直し、日常着の着方や手入れについて考えたり、自分なりに工夫したりできる。(創意工夫)
    ○日常着の手入れの仕方がわかり、簡単な洗濯の手入れができる。(技能)
    ○衣服の働きが分かり、日常着の着方と手入れについて理解できる。(知識・理解)
    指導計画 第一次 なぜ衣服を着るのだろう・・・・・・・・・・・2時間
    第二次 気持ちよく着る工夫をしよう・・・・・・・・・4時間
     第1時 気持ちよく着るために手入れの仕方を考える
     第2時 衣服の汚れについて調べる
     第3時 表示を調べて、衣服にあった洗濯の仕方を知る
     第4時 洗剤を使って手洗いで洗濯する(本時4/4)
    衣服と生活について考えよう・・・・・・・・・・1時間
    指導上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。