3年とうげ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,125
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○音読の工夫について思い返せるように、声をかける。
    ・「 」のところで声が変わる。
    ・悲しいところは悲しそうに読んでいる。
    ・「、」「。」に気をつけて読んでいる。
    ○とうげで転んでも、必ず死ぬわけではないこと(前次の学習)を思い出せるように声をかける。
    ○「5度転べば?」「7度転べば?」のように問い掛けることにより、読み取りが苦手な子どもにも理解を促す。
    ○次時→言い伝えの歌と、木のかげから聞こえた歌の違いを考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科学習指導略案
    月 日( ) 限
    指導者  
    単元 三年とうげ
    目標 ○書かれている内容が伝わるように読む。
    ○場面の移り変わりや情景を想像しながら読む。
    本時のねらい ○おじいさんが病気になったわけを読み取ることができる。
           ○トルトリの提案を読み取る。
    本時の学習の展開
    児童の活動 指導の留意点と支援 評価
    1.教科書56ページ(1行 目)~58ページ(8行目)を音読する。
    2. おじいさんが病気になったわけを考える。
    3年とうげで転んだから
    死ぬと思い込んでしまったから。
    気持ちが沈んで、ごはんを食べなくなってしまったから。
    3、トルトリがどのような提案をしたのかを読み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。