○×クイズ(平成14年度重要判例解説)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数173
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本児童行政建築思想選挙婚姻小説認知

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○×クイズ 『平成14年度 重要判例解説』
    憲 法
    群馬司法書士会Yは、阪神淡路大震災により被災した兵庫県司法書士会に復興支援拠
    出金を寄付するとして、登記申請1件当たり50円を徴収するとの総会決議を行った。これに対して、会員のXらは、この決議が会員の思想信条を侵害し、公序良俗に反し無効であるとして、債務不存在の確認を求めた。
      最高裁は、本件司法書士会の徴収決議は、会員の思想信条の自由を害するから、公序良俗に反し無効であると判示した。
    『石に泳ぐ魚』の登場人物のモデルとされ、小説の公表によってプライバシー、名誉、名誉感情を侵害されたと主張するXが、執筆者A及び出版社Yに対して、損害賠償を求めるとともに、小説の単行本化の差止めを求めた。
      最高裁は、本件小説の出版等によりXに重大で回復困難な損害が生じたとして損害賠償請求を認容したが、差止めについては、プライバシー侵害を理由とする差止めは法的根拠に乏しいとして、これを認めなかった。
    Xは、郵便業務従事者の過失によって損害を受けたとして、国を被告として損害賠償請求訴訟を提起した。しかし、郵便法68条、73条の規定に従うと、書留郵便物に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。