同性愛の遺伝性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,225
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『やわらかな遺伝子』(p.209 l.3〜p.213 l.6)で取りあげられている同性愛の遺伝性の研究について、双子の研究を中心に詳しく見ていくことにする。
     一卵性双生児の一方がゲイであればもう一方もゲイである可能性が高く、それは二卵性双生児のときよりもはるかに高いということは、初期の同性愛の遺伝についての研究ですでに明らかにされている。また、男性ゲイの兄弟と女性ゲイの姉妹にはノーマルの兄弟姉妹よりも高い確立でゲイが現れることも分かっている。これらのことから、ゲイの遺伝には環境による要因ももちろんあると思われるが、それ以上に遺伝による部分が大きいと考えることが可能である。(「ゲイ」という言葉は「同性愛者」を意味するため、男性にも女性にも使われる)
     J.マイケル・ベイリーは110組のゲイ双生児についての研究を行った人物で、その研究から双生児の二人がともにゲイの方が一人だけの場合よりもゲイの特徴を多く備えていることを明らかにした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『やわらかな遺伝子』(p.209 l.3~p.213 l.6)で取りあげられている同性愛の遺伝性の研究について、双子の研究を中心に詳しく見ていくことにする。
     一卵性双生児の一方がゲイであればもう一方もゲイである可能性が高く、それは二卵性双生児のときよりもはるかに高いということは、初期の同性愛の遺伝についての研究ですでに明らかにされている。また、男性ゲイの兄弟と女性ゲイの姉妹にはノーマルの兄弟姉妹よりも高い確立でゲイが現れることも分かっている。これらのことから、ゲイの遺伝には環境による要因ももちろんあると思われるが、それ以上に遺伝による部分が大きいと考えることが可能である。(「ゲイ」という言葉は「同性愛者」を意味するため、男性にも女性にも使われる)
     J.マイケル・ベイリーは110組のゲイ双生児についての研究を行った人物で、その研究から双生児の二人がともにゲイの方が一人だけの場合よりもゲイの特徴を多く備えていることを明らかにした。ただ彼の調査は、性的指向についてゲイの男性に質問するという方法であったため科学的根拠が弱いという点があった。これに対し、分子生物学の視点からゲイの遺伝性につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。