「子育ては本能ではない」と捉えることの必要性とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数335
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1).これからの子育ての問題について考える際に「人間の場合、子育ては本能ではない」ということをふまえる必要があるとする理由があると思われるがそれはなぜか。
    人間にとって子育てが「本能」であるとするならば、かつての西洋社会でみられた子殺し・子捨ての現象や、育てる子と育てない子を区別して日常的に間引きや堕胎を行っていた昔の日本の子育て、さらには現実の社会でおこっている子ども虐待の問題などを説明することは不可能である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1).これからの子育ての問題について考える際に「人間の場合、子育ては本能ではない」ということをふまえる必要があるとする理由があると思われるがそれはなぜか。
     人間にとって子育てが「本能」であるとするならば、かつての西洋社会でみられた子殺し・子捨ての現象や、育てる子と育てない子を区別して日常的に間引きや堕胎を行っていた昔の日本の子育て、さらには現実の社会でおこっている子ども虐待の問題などを説明することは不可能である。どんな女性も母性本能を持ち、時と場合を選ばず子どもを育てることができるという思想は人々の言い伝えの神話に過ぎず、科学的根拠を一切持たない。他の動物と比較してみてもそのことははっきりし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。