新聞は政治・経済・国防の何を語ったのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数395
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート社会学新聞政治経済国防中国

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    新聞は政治・経済・国防の何を語ったのか
    ―――「中国」「領海」「侵犯」というキーワードからみる
    「中国原潜領海侵犯事件」―――  新聞は政治・経済・国防の何を語ったのか
    ―――「中国」「領海」「侵犯」というキーワードからみる「中国原潜領海侵犯事件」―――
    目次
    目次 1
    要約 2
    はじめに―――中国原潜領海侵犯事件 3
    (1) なぜ中国原潜領海侵犯事件を扱うか 3
    (2) 調査方法 3
    1. 各紙の取り扱い面積比較 5
    2. 各紙の内容と姿勢の比較・検討 7
    (1) 政治(日中関係) 7
    (2) 国防 8
    ア. 主権侵害の際の法システムの欠如 8
    イ. 海上警備行動の発令・公表の遅れ 9
    おわりに―――報道の特徴 10
    要約
    このレポートでは、2004年11月上旬に起こった「中国原潜領海侵犯事件」の新聞報道の比較を行う。なぜこの事件を扱うかというと、「中国」「領海」「侵犯」というキーワードから、【政治】・【経済】・【国防】といった様々な観点からこの事件を報道できると考えられるからだ。このような観点の中から、どの観点に重点を置いて報道がなされるのか。主要全国紙4紙(読売・朝日・毎日・日経)を比較する。
    調査を進めると経済面の記事は日経のみで、ほぼ政治と国防に紙面が費やされていることがわかった。そして取り扱い面積が多かった読売・毎日が、国防について6~8割が当てられていることが判明した。これは読売・毎日各社が国防問題について語るために紙面を大幅に割いたことに他ならない。日経も国防面で不備のある現状を指摘する中で、朝日は国防問題については明言せず、政治問題に逃げるような印象となった。国防問題の根本には憲法9条があるが、これには4紙とも触れていない。国防を語ったり、語ることを避けたりするならば、憲法9条を避けずに根本から論じるべきではなかっただろうか。 はじめに―――中国原潜領海侵犯事件
    なぜ中国原潜領海侵犯事件を扱うか
    このレポートでは、2004年11月上旬に起こった「中国原潜領海侵犯事件」の新聞報道の比較を行う。なぜこの事件を扱うかというと、「中国」「領海」「侵犯」というキーワードから、【政治】・【経済】・【国防】といった様々な観点からこの事件を報道できると考えられるからだ。様々な観点の中から、どの観点に重点を置いて報道するかによって各新聞の報道姿勢がうかがえるため、「中国原潜領海侵犯事件」を扱うのは適当だと判断した。
    中国については、驚異的な経済成長を遂げている現状に対する危惧や、2004年夏のサッカー・アジアカップにおける日本チームに対するブーイングなどにより世論は厳しくなっている。それに対して小泉首相の靖国参拝問題があるとはいえ、政府は日中関係を重要視した対中政策を採っており、この問題に対しての政府の行動をどのように新聞各社が捉えているか注目すべきだ。領海権益については、尖閣諸島の領有権について日中間で対立しているが、中国は東南アジア諸国とも南沙諸島の領有権で対立しており、海洋権益確保という観点からも報道できるだろう。さらに領海侵犯という主権に関わる問題や国防問題をどのようにとらえているかは、憲法9条という世論のはっきり分かれるテーマだけに重要だろう。以下、主に【政治】・【経済】・【国防】について比較検討する。
    調査方法
    まず、調査を行う新聞は、(図1)に示す全国紙主要4紙の読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・日本経済新聞である。この4紙の11月13日の朝刊において調査を行った。行った調査は、記事面積の比較と記事の内容を政治・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新聞は政治・経済・国防の何を語ったのか
    ―――「中国」「領海」「侵犯」というキーワードからみる
    「中国原潜領海侵犯事件」―――  新聞は政治・経済・国防の何を語ったのか
    ―――「中国」「領海」「侵犯」というキーワードからみる「中国原潜領海侵犯事件」―――
    目次
    目次 1
    要約 2
    はじめに―――中国原潜領海侵犯事件 3
    (1) なぜ中国原潜領海侵犯事件を扱うか 3
    (2) 調査方法 3
    1. 各紙の取り扱い面積比較 5
    2. 各紙の内容と姿勢の比較・検討 7
    (1) 政治(日中関係) 7
    (2) 国防 8
    ア. 主権侵害の際の法システムの欠如 8
    イ. 海上警備行動の発令・公表の遅れ 9
    おわりに―――報道の特徴 10
    要約
    このレポートでは、2004年11月上旬に起こった「中国原潜領海侵犯事件」の新聞報道の比較を行う。なぜこの事件を扱うかというと、「中国」「領海」「侵犯」というキーワードから、【政治】・【経済】・【国防】といった様々な観点からこの事件を報道できると考えられるからだ。このような観点の中から、どの観点に重点を置いて報道がなされるのか。主要全国紙4紙..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。