日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数273
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本とアメリカの教育では、私が今まで持っていたイメージの中でも、大きな違いがあるように感じていた。もちろん文化の違いもあるが、授業風景など目にした時、みんながリラックスしていた事と、よく発言していた事が実に印象的であった。私が昔学校の先生から聞いた話では、「アメリカではテストの点よりも、それまでにどれだけ勉強したかが評価される。」と聞いた事がある。しかし実際はそれとはまた違い、努力もして結果にも出さなければならない。実に大変なことである。
    日本における大学生は社会人と一線を画しているが、アメリカでの大学生は「自己責任の元に、個人で選択の判断が下せる大人」であることが期待され、アメリカ社会は多様なバックグラウンドを抱えた人々を擁しており、大学もある程度こうした社会の縮図としての機能を果たし、多様な学生のニーズに応じ、さまざまな教育の機会を提供し、学生はその中から、自分に合った教育を選択することができる。このような、「個人の選択の自由」が与えられていると同時に、「自己責任」が伴い、アメリカの大学では途中で専攻分野の変更や、他大学に編入するなど、自分の意志で進路を変えることが自由にできる。しかし、それに伴うリスクも自分で背負う心構えが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    볷빫궻떝덄맕뱗궻뜼댶궴궸쀍귩륧궽궥떝덄궸궰궋궲
    볷궴귺긽깏긇궻떝덄궳궼갂럡궕뜞귏궳렃궯궲궋궫귽긽긙궻뭷궳귖갂묈궖궶댾궋궕궇귡귝궎궸뒾궣궲궋궫갃귖궭귣귪빒돸궻댾궋귖궇귡궕갂롻떾븮똧궶궵뽞궸궢궫렄갂귒귪궶궕깏깋긞긏긚궢궲궋궫럷궴갂귝궘뵯뙻궢궲궋궫럷궕렳궸덐뤭밒궳궇궯궫갃럡궕먎둾뛝궻먩맯궔귞빓궋궫쁞궳궼갂걏귺긽깏긇궳궼긡긚긣궻귝귟귖갂궩귢귏궳궸궵귢궬궚뺈떗궢궫궔궕돽궠귢귡갃걐궴빓궋궫럷궕궇귡갃궢궔궢렳띧궼궩귢궴궼귏궫댾궋갂뱖쀍귖궢궲뙅됈궸귖뢯궠궶궚귢궽궶귞궶궋갃렳궸묈빾궶궞궴궳궇귡갃
    볷궸궓궚귡묈둾맯궼롊됵릐궴덇멄귩됪궢궲궋귡궕갂귺긽깏긇궳궻묈둾맯궼걏렔뚅먖봀궻뙰궸갂뙿릐궳멗묖궻뵽뭚궕돷궧귡묈릐걐궳궇귡궞궴궕딖뫲궠귢갂귺긽깏긇롊됵궼뫝뾩궶긫긞긏긐깋긂깛긤귩뺱궑궫릐갲귩뾦궢궲궓귟갂묈둾귖궇귡믴뱗궞궎궢궫롊됵궻뢫궴궢궲궻귩됈궫궢갂뫝뾩궶둾맯궻긦긛궸돒궣갂궠귏궡귏궶떝덄궻됵귩믯떉궢갂둾맯궼궩궻뭷궔귞갂렔빁궸뜃궯궫떝덄귩멗묖궥귡궞궴궕궳궖귡갃궞궻귝궎궶갂걏뙿릐궻멗묖궻렔뾕걐궕궑귞귢궲궋귡궴벏렄궸갂걏렔뚅먖봀걐궕뵼궋갂귺긽깏긇궻묈둾궳궼뱑뭷궳먭뛘빁뽰궻빾뛛귘갂뫜묈둾궸뺂볺궥귡궶궵갂렔빁궻댰럘궳릋쁇귩빾..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。